サムスンのNote 7生産中止はベトナムの輸出に多大な影響を与える>Samsung’s halt of Note 7 production to affect Vietnam’s exports: insiders

wide may adversely affect the export revenue of Vietnam, home to two major mobile production complexes of the South Korean smartphone maker, industry insiders say.

情報源: Samsung’s halt of Note 7 production to affect Vietnam’s exports: insiders

Note 7の生産中止に加え、サムスンは顧客の安全を最優先するために全ての携帯電話会社と販売店に対して販売を休止するように要請した。

現在サムスンは規制当局と連絡を取りながら最近のGalaxy Note7に関する問題の調査を開始し、問題解決のために全ての必要な措置を取っているとした。

Galaxy Note7または代替え品を所有している消費者は電源を切り改善策が得られるまで使用を中止しなければならないと語った。

また火曜日、ベトナム国内のサムスン拠点は当該商品の購入者及び予約者に対して100%の返金、解約手続きを受け付けると述べた。

サムソンのグローバルポリシーに基づきサムソンベトナムは今年度いっぱい予定していたグレードアッププログラムも中止した。

ベトナム国内のサムソンユーザーに対してはNote 7の返品時に150万ドン(67ドル)分のギフトバウチャーを配布することになった。

ベトナムでNote7は1899万ドン($848)で販売されている。

輸出に対する影響

サムスンは8月19日にNote 7の販売を開始したが、翌月、火災を引き起こしたことを受けてすぐにリコールを開始した。

会社側の販売、交換、生産停止が決まるまでに、リコールは250万台にも及んだ。

不定期の生産中止はGalaxy Note 7のグローバルな生産に関わる「サムソンのベトナム国内工場」も含まれるとYonhapニュースは伝えた。

サムスン電子はバクニン省の25億ドル、タイグェン省の50億ドルをはじめとしベトナムに112億ドルの投資を行ってきた。

この2つの工場はサムソンの全世界のスマートホン出荷額の30%にも上る。

TuoiTre紙の筋によると2つの工場のいずれかにてNote7の生産が行われているという。

ベトナム政府の輸出関連当局はNote 7の生産中止はベトナムの携帯電話及び部品の輸出に影響を与えるものと述べている。

携帯電話と関連部品の輸出はベトナムの総輸出額の20%あまりを占めており、サムソン関連企業が99%の株式比率を占めていると海外投資協会会長のNguyen Mai教授は述べた。

1−9月期、ベトナムは米国、欧州、UAEなどに250億ドルの携帯電話及びスペアパーツの販売を行い、前年度比8.6%増となっている。

本年度はサムスンは345億ドルの輸出を見込んでいた。

しかしながらNguyen Mai氏はNote 7のスキャンダルがどの程度影響を与えるかについてはコメントを避けた。

 

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket