【注意:場所が誤っています】ピューリッツァー賞「サイゴンでの処刑」が撮影された現場を訪ねてきた

2016年8月20日に以下の記事を作成しましたがFacebookグループの指摘により、取材した場所が誤っていることが明らかになりました。改めて正しい場所を特定し、8月28日に再取材をしております。

正しい場所での再取材結果はこちら

 

少し前にFacebookで新旧サイゴンを紹介するグループSaigon Cho Lon Then & Nowで話題になっていた「サイゴンでの処刑」の撮影場所を訪ねてきました。この写真が撮影された場所は長く不明のままだったようですが、当時の米兵らの証言により現在のLý Thái Tổ通りであることは確かのようです。

写真が撮影された時代背景

この衝撃的な写真が撮影された1968年2月1日はテト攻勢の最中であり、1月30日未明に蜂起した北ベトナム軍と南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)は南ベトナム各地の政府施設・インフラ・米国施設・軍事拠点等に対して一斉攻撃を開始。サイゴンでは一時アメリカ大使館が解放戦線側に占拠され、南ベトナム大統領官邸も襲撃されました。
最終的には米軍と南ベトナム軍の反撃により各拠点は奪還されたものの、南北双方に大きな損害を与えることになりました。

2月1日テト攻勢の最中、解放戦線側の兵士グエン・ヴァン・レムは警察に捕えられ、連行される途中に警察総監グエン・ゴク・ロアンにより路上で射殺されます。

その模様はNBCにより映像配信され、同時に現場に居合わせたAP通信社のエディ・アダムスにより撮影されたのがこの有名な写真です。

テト攻勢の状況は世界中のメディアによって報道され、この事件がきっかけとなって米国内で反戦運動が盛り上がる機運となりました。リンドン・ジョンソン大統領は次期大統領選挙への出馬を取り止めることとなり、以後、米国はベトナムからの撤退を模索し始めます。

グエン・ゴク・ロアンとエディ・アダムズ

グエン・ゴク・ロアンは1930年フエの生まれ。フランスの大学を3つ卒業したインテリであり、ベトナム共和国陸軍の少将として、当時は警察総監を務めていました。

解放戦線側の兵士レムは捕らえられる直前に起こった殺害事件の関係者と目されたようです。

南ベトナム側の発表によると、レムはその日に南ベトナムの警察官やその家族を殺害したベトコンの死の部隊の指揮官であり、レムが逮捕されたのは、34体もの縛られ射殺された警察官とその親族の遺体が放置された溝の付近であったという。しかもそれらの犠牲者には、ロアンが名付けた子6名など、ロアンの副官と親友の家族たちも含まれていたということだった。(Wikipedia)

ロアンは個人所有のS&W M38を引き抜きその場でレムを処刑しました。法的手続きを踏まない私刑の映像とスチール写真は世界に衝撃を与え、ベトナム戦争の残虐性を世界に知らしめることとなりました。

ロアン将軍はその後ベトコン側に命を狙われ、銃撃戦で重傷を負うこともありましたが、死を逃れ、1975年サイゴン陥落とともに米国に亡命しました。米政府の支援を得てバージニア州でピザレストランを開業しましたが、写真の本人である過去が公にされると廃業。1998年バージニア州で死去しています。

https://www.youtube.com/watch?v=BGrsw6m9UOY

写真を撮影したAP通信社のエディ・アダムズは1933年米国ペンシルバニア生まれ。従軍記者として朝鮮戦争に参戦し、ベトナムでAP通信のカメラマンとして働いていました。

エディ・アダムスはこの写真で1969年度ピュリッツァー賞を受賞しましたが、後にこの写真を撮ったことを後悔するようになります。タイム誌で次のように語っています。

将軍はベトコンを殺した。私はカメラで将軍を殺した。スチール写真は世界で最も強力な武器だ。人々はそれを信じるが、たとえ手を加えてなどいなくても、写真は嘘をつく。写っているのは真実の半面だけだ。あの写真はこうは言わなかった。「あの暑い日のあの時あの場所で、あなたが将軍ならどうしただろう? 捕まえたのはいわゆる悪党で、奴は一人か二人か三人の米兵をぶっ殺した後だった。」

The general killed the Viet Cong; I killed the general with my camera. Still photographs are the most powerful weapon in the world. People believe them, but photographs do lie, even without manipulation. They are only half-truths. What the photograph didn’t say was, “What would you do if you were the general at that time and place on that hot day, and you caught the so-called bad guy after he blew away one, two or three American soldiers?”

写真の中の番地を手がかりに現場へ

殺害の直前、レムが南ベトナム軍兵士により連行される写真があります。写真の右隅にある看板に197という番地が小さく写っています。サイゴンの街路名の多くは1975年のサイゴン陥落前後で名前が変わっているのですが、Lý Thái Tổ通りは当時もLý Thái Tổであったことが分かっています。

 

早速、197 Lý Thái Tổに行ってきました。この写真では197番地の横は狭い路地になっていますが、いまは路地の上部は屋根が覆われ、このあたりに多くあるペンキ屋のひとつとなっています。

「サイゴンの処刑」は通りの反対側から撮影されているので写真に写っている建物の様子を頼りに近辺を探し回りました。

そして見つけたのがこの場所。

197 Lý Thái Tổの道路の反対側を30メートルほど上った場所です。

サイゴンの処刑では道路奥に7、8階建のビルが建っていますがすでにこのビルは無くなっているようです。

現場は今では小さな自動車修理工場となっており、あたりはローカルビジネスが立ち並んでいます。

47年前にこの地で起きた事件が、その後ベトナムの運命を大きく変えることとなりました。現場にいた当事者の多くはすでに亡くなっていますが、平和な現在のサイゴンでは遠い昔の夢のようにも思えます。

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket