日本が世界に誇れる会社STAXのヘッドフォンが修理から戻ってきた

 

10年以上前に購入して日本からベトナムに持ってきていたSTAXのヘッドホンが、経年劣化のためイヤーパッドとウレタンがダメになってしまいました。高温多湿のベトナムでは、ウレタンやペイント素材はすぐにダメになってしまいます。STAXは海外からの修理依頼に対応していないため、知人に日本に持って帰ってもらい、今回、無事に修理完了して戻ってきました。

一般の家電品であれば製造打ち切り後8年で部品の保有が無くなりますが、ほとんどすべてが新品のようになって返ってきたのは驚きでした。しかも修理だけではなく、修理後、高負荷エージング7日間のテストまで行ってくれています。さほど期待していていなかっただけに、まさに神対応でした。普通の企業であればここまではやらないだろうと思います。

高級オーディオの世界なので特殊な世界だと言えばそれまでですが、2〜3年で新しいスマホに買い替えていることが当たり前の時代に、一生の付き合いをしてくれる会社が日本にあることは、日本人として誇りに思います。

これからも長く発展していってほしい会社です。

 

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket

Leave a Reply