動画

今村昌平「からゆきさん」

今は亡き今村昌平監督のドキュメンタリー「からゆきさん」を観ました。公開は1973年で44年前のマレーシアでのロケ地です。 当時はまだ明治生まれのからゆきさんが海外にも存命で、からゆきさん本人を生で取材した貴重なドキュメンタリーとなっています。 戦前には香港、シンガポールをはじめとして、マレーシア、サイゴンなどには酌婦として働いていた日本人女性が多く在住していました。サイゴンで一大商社を築き上げた大南公司の松下光廣翁も、からゆきさんであった叔母を頼ってベトナムに渡ったことが知られています。彼女たちは商人や軍部の進出に先立って現地に溶け込み、大変な苦労を重ねて異国で生き抜きました。まだ発展途上国であった日本の貧困問題や部落問題もからゆきさん問題に関係していたことが描かれています。

More »

60年代後半から70年代にかけてのサイゴンロックシーンを解説したネット番組>(Loa) Sài Gòn’s Lost Rock N’ Roll Published: May… | Broadcasting Vietnam

情報源: (Loa) Sài Gòn’s Lost Rock N’ Roll Published: May… | Broadcasting Vietnam 1960年代後半から70年代にかけて、サイゴンではロックシーンが盛り上がっていました。この短いネットラジオ番組は当時のサイゴン・ロックの状況を要約して伝えています。番組の中では以下のアーティストが紹介されています。 CBC Band – Tinh Yêu Tuyệt Vời (The Greatest Love) Carol Kim – Cái Trâm Em Cài (Your Hair Clip) Thành Mai – Tóc Mai Sợi Vắn Sợi Dài (Long, Uneven Hair) CBC Band – Con Tim Và Nước Mắt (Heart And Tears) Lệ Thu – Sao Biển (Etoile Des Neiges) (Starfish) Minh Xuân & Phượng Hoàng – Mặt Trời Đen (Black Sun) Mai Lệ Huyền & Hùng Cường – Hờn Anh Giận Em (Jealousy) Phương Dung – Đố Ai (Riddles)

More »

これは参考にしたい!iPhone 6sで金をかけずにプロ級のポートレート写真を撮る方法>The iPhone 6s Bikini Shoot – YouTube

情報源:The iPhone 6s Bikini Shoot Fstoppersの動画がとても参考になりましたので紹介します。30ドル以下の機材と一般女性を使っていかに美しくiPhoneで写真を撮るかの実例です。 2枚の黒い紙と白い紙で表情に立体感を持たせる 表情に立体感を持たせるために顔の左右に黒紙を立て、背景に白い紙をバック紙として置きます。頬から顔の前面に向けて立体的な影が生まれます。 こちらがその結果。確かにスタジオで撮影したようなライティング効果が表れています。 プチプチと懐中電灯でセクシーなポートレートを作る 壁面にプチプチ(保護緩衝材)を貼り、薄暗くした部屋で懐中電灯を当てながら撮影します。 体に光沢を持たせるため、1対10の割合でグリセリンと水を溶かしたものをスプレーで吹きかけます。 結果はこれ。髪に動きを持たせるためアシスタントが軽く風を送っています。 床を使って撮影する 自然光が入る窓際のフロアを使います。顔に出る影を消すためにここでも懐中電灯を使って顔面に当てます。 体全面に自然な光が当たりつつ、不要な影が消えています。 自然光を利用しつつポイントに光を当てる ほとんどの光は自然光を使いながら、ポイントとなる部分にLEDでライティングを行います。LEDライトはAmazonで30ドル程度で購入できる安物で十分です。 ドラマティックな写真になっています。 屋外でマジックアワーの自然光を利用する 日没前の光がソフトになる時間帯を選んで撮影します。ハイライト部分にのみLED光を当てます。 これらは’全てiPhone6sで撮影されたものです。知恵と工夫で良い写真撮れるという具体例です。ぜひ実践してみたいと思います。  

More »

動画:外国人の訪問が規制されていた1990年サイゴンのホームビデオ

情報源:Canh Saigon 1990 1980年代、1990年代前半はベトナムは厳しく外国人の入国が規制されており、当時の写真や映像はあまり残っていません。YouTubeにアップされたホームビデオが1990年のサイゴンの様子を生々しく写しています。 統一会堂前Le Duan通りです。路上を走る車やバイクも今と比べればまばらです。 サイゴン大教会は当時も今も変わりません。 オペラハウスは数年ごとに手が入れられて少しずつ変化してきています。 マジェスティックホテルも徐々にリノベーションされています。 バイクはノーヘルでした。というよりヘルメットをかぶり始めたのは2009年だったかと思うのでつい最近のことです。 女子学生の白いアオザイ姿もサイゴンでは見られなくなりました。 当時のサイゴンを知っている日本人に聞いた話ですが、外国人には必ず警察の尾行がつき、サイゴンを出る際には許可証が必要だったそうです。時代は変わりました。

More »

GH4を使って撮影されたサイゴンの4Kビデオ映像>Saigon – Vietnam – GH4 Cinematic Film 4k on Vimeo

  作者は名前から推測して日系人かとも思いましたがドイツ人のようです。GH4を使って撮影したサイゴンの4K風景ビデオ。ゆったりした空気感が好きです。現実のサイゴンはもっと忙しくてせかせかしていますが、撮る人によってこうも印象が変わります。 ところでGH4をビデオカメラとして使う人が多いですね。確か瀬戸弘司さんもGH4だったと思います。  

More »

11月8日まで無料公開中>【ナショジオ】地球が壊れる前に – YouTube

National Geographicがレオナルド・ディカプリオと撮影した環境問題ビデオです。11月8日まで無料で公開されています。 地球温暖化の問題はどういう時間軸で物事を見るかによって意見が異なってきます。作中で語られていた「蟻が象を見るようなもの」というフレーズが印象に残りました。1時間半、この問題について考えて見る価値はあります。 COP21「パリ協定」が日本に迫るもの~原発再稼動・増設の是非と再エネ普及に伴う国民負担増~

More »

iPhoneでタイムラプスの撮り方を解説したビデオ>How to Time-lapse on iPhone – YouTube

少し古い動画ですがiPhoneでのタイムラプス動画作成に参考になると思ったのでシェア。 iPhoneを固定するのにマッチ箱、トイレットペーパーの芯、ひっつき虫を利用するというのはグッドアイデアです。三脚がない場合の代替えになります。 拡張レンズで広角にするのも定番アイデアです。    

More »

タイムラプスに重宝している中国製の三脚WEIFENGが軽くて小さくなって取り回しが良い

本当はManfrottoとかが欲しかったんですが、サイゴンのカメラショップで500,000VNDくらいで購入した三脚。軽くてタイムラプス撮影に重宝しています。 自由雲台付きでDJI OSMO MOBILEも問題ありません。三脚自体が軽いので普段使いで持ち歩いて苦になりません。 ひらくPCバッグに入れてもまだ全然余裕があります。動画撮影用の三脚というと重くて頑丈というイメージですが、iPhoneやコンデジを乗せる程度ならこの程度の三脚でも十分です。 最近のお気に入りです。

More »

DJI GoがiPhoneのストレージをバカ喰いして困っている

DJI OSMO MOBILE付属のアプリケーションDJI GOはアプリ内に映像データを保存する形式になっています。そのため定期的にアプリ内から映像データを削除してやらないとどんどんファイルが肥大化してしまいます。アプリから映像データを削除する方法は以下の通りです。 アプリ内のデータ=キャッシュのクリア方法 画面右下の自分アイコンをクリックし、設定に移動 キャッシュを削除をクリック ビデオキャッシュやフォトキャッシュを消去しますをクリックして消去を実行 本当にクリアできてるの? ここで問題発生です。DJI Go内でのキャッシュをクリアしているにも関わらず、iPhoneのストレージは変わりがありません。本当にキャッシュがクリアできているのかどうか怪しいです。 結局、いったんDJI Goをアンインストールして再度インストールし直すことでディスクスペースを確保しましたが、本当にこの機能が作動しているのかどうかちょっと怪しいです。    

More »