[]

MacBookを初期化してMacOS Sierraを再インストールする方法

 

MacBook Pro 13inch 2015年モデルが修理から戻ってきたのを機に、Macを初期化してMacOSをクリーンインストールしました。普段使い慣れているマシンを初期化・クリーンインストールするのは少々勇気が入りますが、数週間手元から離れていればすでに他のマシンでも作業が可能になっているので、思い切って初期化しました。

Time Machineでバックアップを作成

まず最初にTimeMachineを使って本体のバックアップをとります。普段からバックアップを作成していればバックアップは数分で終わります。

iTunesの認証を解除

iTunesを起動し、アカウント>認証>このコンピュータの認証を解除を選択して、iTunesの認証を解除します。

iCloudからサインアウトする

システム環境設定>iCloudを選択し、サインアウトをクリックしてiCloudからサインアウトします。

macOSユーティリティを起動

Macを終了し、⌘キーとRキーを押しながら再起動します。

ディスクユーティリティを選択します。

ドライブを選択して消去をクリックします。

macOSの再インストール

macOSユーティリティからmacOSを再インストールを選択します。

まとめ

ネットワークスピードにもよりますが、macOSの再インストールはかなり時間がかかります。私は就寝前にOSのダウンロードをセットして、翌朝セットアップをしました。
長期間Macを使用していると使用頻度の低いアプリや不要なシステムファイルが溜まっていきます。これらのファイルを一掃してクリーンにするためには初期化とOSのクリーン・インストールが最も有効です。2015年モデルですが、今回、バッテリーも新しくしたのであと2年は活躍してほしいと思います

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket

Leave a Reply