【トラブル】プノンペンから戻るKumhoバスが追突事故。さいわい怪我人は無し。


プノンペンからサイゴンに向かうkumhoバスがホクモンを超えたあたりでごつんという衝撃音で追突されました。

幸い乗客には誰も怪我人はいませんがぶつけた方のシボレーはボンネットがまくれあがってひどい状況に。さらにシボレーの後ろもトラックが追突していました。

日本では追突事故は追突した方のドライバーが前方不注意と車間距離を開けていないということで責任が重いですが、ベトナムではどうなんでしょうね。

今回は交通警察もすぐにやってきてテキパキ対応していました。

結局、現場を通りかかったメコンエクスプレスに乗客が乗り換えさせられたのですが、メコンエクスプレスでもバス代を払わされたのは納得いきませんでした。日本で事故を起こしたバス会社が代行で請求などしたら客が怒りますが、ベトナム人もカンボジア人も大人しく払ってました。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket