サイゴン市内を上空からスケッチしたSaigon Skyline

無印良品の画用紙絵本ノートはハードカバーで高級感があって、これを使って何か作ってみたいという創作意欲を掻き立てられる商品ですが、結局、使い道がなくて困ります。
一方、昨年、テトの旅行前に勢いで購入したDJIのドローン MAVIC Mini。実際はほとんど撮影せずにカメラケースの肥やしとなっていました。これではいかんということで、ドローンとスケッチを組み合わせた作品を作ってみました。

買ったはいいけど使いどころに困る無印の画用紙絵本ノート

気に入って買ったけど使いどころに困る商品というものがあるわけです。私の場合は無印の「画用紙絵本ノート」がそれで、真っ白のページに真っ白の表紙、創造性は無限だというわけなのですが、いざ購入してみると、何に使って良いかわかりません。
18cm x 18cmの使い勝手の良いコンパクトサイズで、なんといっても豪華なハードカバーが魅力的ですが、下手に描き損じてしまうと、本全体が無駄になってしまうので、使い始めることに躊躇していました。

お値段は確か80,000 VND前後で、無印良品の商品としては格安でしたが、画用紙が薄く、少し絵の具をはじくので、水彩画にはあまり向いているとは言えません。

ドローンも使ったのは購入した最初だけだった

昨年、ミャンマーを旅行する前に10,000,000 VND以上出して思い切って購入したDJI MAVIC Miniですが、ヤンゴンに到着した翌日、市の中心部にあるマハバンドゥーラ公園で飛ばしていたところ、ドローンが10匹近い鳥に襲われてバプテスト教会の尖塔に墜落するという事故を経験してからは、外で飛ばすのが億劫に感じていました。
この時はプロペラを支えるシャフトが折れてしまい、交換修理に1,000,000 VND近くかかってしまったことも痛かったのも理由の一つです。

↓ヤンゴンのスーレーパゴダで夜間撮影したドローン映像。喜んだのも束の間、翌日、鳥の襲撃にあって破損してしまった。↓

 

個人画集Saigon Skyline

これではせっかく購入した物を十分に生かしきれていないと反省して、ドローンを使って撮影したサイゴンの街を、写真を見ながらスケッチしてみることにしました。

ご存知のサイゴン大聖堂です。このアングルから見ることは少ないですが、サイゴンが緑多い街であることがわかります。

こちらは5区と8区にかかる歴史的なT字橋です。この日は風が強くて高度制限がかかってしまい、あまり高度が上げられませんでした。もっと上空からの方がT字に見えると思います。

5区のビンタイ市場。この辺りは交通量も人通りも多く、離着陸するスペースを確保するのに苦労しました。

グエン・フエ通りをバクダン公園から。公園内は時間帯によっては比較的人通りも少なく、飛行はやりやすいと思います。

同じくバクダン公園からビン・ホームズ方面。トゥーティエム橋2が工事中なのは今だけの風景です。

ハムギー通りの長年工事が中断したビルの横から4区方面を覗いた風景です。最近、このビルの建設が再開されるという話を聞いたのですが、今のところ動きはないようです。

現在はリビングの飾り棚にディスプレイして楽しんでいます。

関連記事

Leave a Reply

最近の投稿