ログインIDとパスワードを入力しないと商品が表示/購入できないWordPress+WooCommerceソリューションの開発

687474703a2f2f7777772e616e70737468656d65732e636f6d2f696d616765732f636f6d6d657263652f776f6f636f6d6d657263652e706e67WooCommerceを使ったECサイトの開発で、特定のEmailアドレスでログインしなければ商品が表示されないというシステムを開発しました。
つまりAという商品が表示されるためにはaaa@gmail.comというEmailアドレスで、Bという商品が表示されるためにはbbb@gmail.comでログインしなければならないというものです。またCという商品にaaa@gmail.comとbbb.gmail.comがアサインされれば両方のメールアドレスで商品は表示されますが、ccc@gmail.comでは商品は表示されません。

WooCommerceでプライベートストアを構築するというもので、ネット上のソリューションとしては商品カテゴリーにパスワードをかけて見えなくするというものが実現可能性が一番簡単なものでした。しかしこの方法ではログインIDとパスワードに加えてカテゴリのパスワードも管理しなければならないので管理作業が煩雑です。しかもユーザーがカテゴリのパスワードを忘れた際に、管理者が再度手作業でパスワードの再発行をしなければならないというデメリットがあります。

3週間ほど前にベトナムローカルのWordpress+WooCommerceの開発ができるという会社に見積を取ったところ約1500USDの見積が返ってきました。
この案件をfreelancer.comにアップしたところ3時間で約50人の候補者が手を挙げ、そのうち、チャットインタビューで一番良さそうだったインドのデベロッパーに発注したところ、合計10時間で150USDで回答が返ってきました。実際発注したところ、システムを上げてきたのはなんと当日5時間後、若干の手直しがあったので翌日再依頼をして合計7時間の作業で終わりました。

なんでこんなに早くて安いのか聞いたら、同様のソリューションを以前他社に提供したからだという回答でした。

つまりこういうことです。

広い世界に目を向ければ必ず専門家と経験者がいて、使い回しのソリューション(それで十分です)を提供してくれる人がいるということです。まず相談すべきはネットだということです。

ちなみにこのシステムを使ったサービスを来月リリースする予定でいます。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket