サイゴンの貝料理といえばỐc Đàoが真っ先に思いつきますね。日本からの来客にローカル屋台の雰囲気を味わってもらうのに最適ですし、中心部から近いので便利です。今回、ベトナム人に連れて行ってもらった店「Quán Ốc Như」はさらにローカルな店で、ほぼ外国人率ゼロの店です。

場所はDien Bien PhuとLy Thai Thoの交差点から東に進み、ヘムをはいったところにあります。初めてベトナムに来たばかりの人だと生活感丸出しの場所なのでビビるかもしれません。

店内はスチール机とプラスティック椅子のローカルの佇まいです。まだ早い時間だったのにほぼ満席でした。

貝料理の定番「あさりのレモングラス煮」ですが、ここのはかなり辛味が強い感じです。

つぶ貝をガーリックで炒めたもの。上にかかっているガーリックが香ばしくてうまいです。

ホタテに似た貝をバターソテーにしたもの。バインミーを頼んで、フランスパンに汁をつけながらチビチビ食べます。

こちらは大粒の牡蠣のチーズ焼き。昔に比べてベトナムもチーズの品質が良くなって来ました。というより、以前はベトナム人はチーズが食べられない人が多かったのに、最近ではチーズ焼きは人気だそうです。

貝料理屋がうまいかどうかは、味付けももちろんですが、どこまで新鮮かにかかっています。この店はかなりの出入りがあるようで、全体的に新鮮でうまかったです。少し行きづらい場所ですが、サイゴンローカルの貝を試してみたければお勧めします。

 

0 Comments

Leave a Reply

メッセージ

すぐにお返事はできませんが全てのメールには目を通しています。

Sending

©2018 etsunan.com

Log in with your credentials

Forgot your details?