WordPress

WooCommerceのFlat Shipping Rateに複数の選択肢を持たせたい場合はこうする

  現状 ニッチな情報で恐縮ですが、WordPress+WooCommerceを使って「地区ごとに配送費用を変えたい」という要望があったのですが、現在のWooCommerceではFlat Shipping Rateでは単一の配達費を設定することができるだけで、選択肢を持たせることができません。例えば、渋谷区と目黒区は無料、新宿区と豊島区は200円、千代田区と台東区は300円、のようにユーザーに地区名を選択してもらって配送費を計算したいということができません。 Woocommerce Shipping Price by Place 有料プラグインWoocommerce Shipping Price by Placeを購入すれば可能なようです(私は以下の方法で解決したので試したわけではありません) 実は以前のWoocommerceでは選択肢の設定が可能であった Flat Shipping Rateに複数の選択肢を持たせることは以前のWooCommerceでは可能であったようです。こちらのYouTubeビデオを見たとき、画面にAdditional Ratesという項目がありますが最新版のWooCommerceではこの項目がなくなってしまっています。 Flat Shipping RateはFlatだからFlat Shipping Rate この辺りの経緯を探ってみますと、WordPressサイト内に詳しくスレッドが立っていました: [resolved] Flat Rate Shipping does not have additional options segment (30 posts) 開発者の言い分はFlat Shipping Rateはフラットだからフラットなのであって、選択肢が選べるようになるとフラットでなくなるという言い分のようです。主張は理解できますが現状のWooCommerceではこのあたりの設定が難しい点でもあります。特にベトナムのように郵便番号がきちんと整備されていない国では、Zipコードによる配送費の設定が困難です。 スレッドを追ってみますとこの機能はなくなったわけではなく、一般のWordPressユーザーからは見えなくしているだけだということがわかりました。 次の方法で機能を表示させることが可能です: function.phpに次の1行を追加する WordPressの外観>テーマの編集>テーマのための関数 でfunction.phpを編集することができます。そこに add_filter( ‘woocommerce_enable_deprecated_additional_flat_rates’, ‘__return_true’ ); の1行を追加すると、Additional Ratesを追加するための入力欄が表示されて機能を使うことができるようになります。 地域ごとに配達費を変更してユーザーに選ばせることができるようになりました。

More »

どうやらhetemlからIPブロックを食らったみたいだ

workflowのアプリを開発するため、2時間ほどサイゴンの自宅からこのブログに何度もテスト投稿したところ、突然サーバーに一切アクセスできなくなってしまいました。 携帯電話からはアクセスできるのでこのブログはモバイルから投稿しています。 おそらくhetemlサーバーが海外からの不正アクセスと認識してうちのIPからのアクセスをブロックしているものと思われます。 とりあえずサポートにメールをしましたが、多分月曜日まで自宅から自分のウェブサイトにアクセスできないと言う情けない状況です。 2016-01-31 13:40:50 追記 hetemlから連絡があって私の自宅のIPアドレスをホワイトリストに登録してくれたそうで、今は問題なく繋がっています。  

More »

量は質を凌駕する?ブログ本数が300本を超えたあたりからアクセスが増えてきた。

当サイトを開始したのが昨年12月8日ですので1ヶ月と20日がたちました。1日平均で5〜6本のブログをアップしているのですが、300本を超えたあたりからGoogle検索経由のアクセスが増えてきました。グラフはGoogle WEBマスターツールを利用してGoogle検索から流入したアクセスのグラフです。 じっくり推敲しながらきちんとした記事を書くという方法もありますが、このブログのスタイルは現場でリアルタイムにブログ化するというものです。いわばライフログのブログ化です。 最近始めたのはニュースサイトの記事をブログ化すること。これはいわば読んだ記事のブックマークのようなものですが、1行でも自分の感想やコメントを入れるようにしています。 アクセス数を得るにはコンテンツの質も重要ですが、コンテンツ量も重要なのだと思います。

More »

ブログ記事が増えてきたのでWP super cacheを導入した

最近ホームページのデザインを変更したことで画像と一度に表示する投稿件数が多くなり、表示速度が遅くなってきました。そこでWP Super Cacheを導入しました。 動的なWordPressサイトをサーバー側で静的ファイルとしてキャッシングすることで表示速度を速くするというプラグインです。 評価は5と1とに2分されていて賛否両論のプラグインですし、ほんとうは怖いWP Super Cacheの話のようにキャッシング化することのデメリットもあるのですが、個人情報ブログでECでもSNSでもなければメリットの方が大きいと判断しました。 特に回線の弱いベトナムの3Gアクセスでは効果はてきめんです。WordPressでサイトを作ったが読み込みが遅いという人は試してみてはどうでしょうか。

More »

過去ブログのサムネイルをタイル状に並べてスクロールしたらタイムマシンのようで面白い

Visualogのページでは過去ブログのサムネイルを並べています。こうしてみると自分がどのようなことをやり、どのようなことに興味を持ったかがわかって面白いし過去を振り返る役にも立ちます。 KLEOテンプレートのLazy Loading機能を入れました。画面をスクロールすると自動的に過去ブログがスクロールされます。スクロールして古いブログが順次表示されていくのを見るとタイムマシンのようです。 ブログのライフログ化に一歩近づきました。

More »

ブログにクリエイティブ・コモンズの写真を使いたいからComfightを導入

Kristina Alexanderson via Compfight ブログを作成しているとちょっとしたイメージ写真を使いたいという時があります。Google Photoで検索するのが手軽なのですが、検索された画像を勝手に使用するのは著作権法に違反する可能性があります。 そんな時に便利なプラグインがComfight。 WordPressプラグインを導入すると投稿画面の上部にCompfightのボタンが表示されます。 ボタンをクリックして検索窓にキーワードを入れるとFlickrからCreative Commonsの画像を検索して表示してくれます。 この投稿ページもCompfightを使って作成しましたが、自動的に著作権表示をしてくれるのも便利です。ブログをセンスの良い画像で彩りたいと考えている方にお勧めします。

More »

投稿数がひと月半で300本近くになってきたのでホームページをリニューアルしました

ブログ記事が未発表分も含めて300本近くになってきました。最初の投稿が12月8日なので、約1ヶ月半で300本とまずまずの投稿です。 ブログを書こうとすると精神的なハードルが高いのですが、Tweetだと思えば気楽に更新ができます。写真を撮る、(Siriで)記事を書く、投稿するの一連の流れを自動化することで気楽に投稿が可能です。だいたい1分から2分で記事作成したいます。もっと自動化を進めて簡単に早く更新ができるようにしたいと思います。ノウハウを見つけたらここで公開します。 さて、投稿件数が増えてきたので、これまでの投稿順にポストが並んでいるホームページデザインを修正して、カテゴリ毎に投稿が並ぶデザインに修正しました。先頭にはカテゴリに関係なく最新5本の記事が並び、そのあと5ジャンルのカテゴリーが並びます。 海外生活(海外生活をより楽しくするTIPS&日記) ベトナムなう!(ベトナムのメディアに登場した気になるニュースをクリップ!) 仕事&パーソナルに役立てるIT(仕事&パーソナルに役立つIT活用情報) ベトナムローカルフード(歩いて見つけたうまいベトナムローカルフード) 今日コレ聴いた(クラシック音楽初心者が聴くYouTubeクラシック) 各カテゴリにはサブカテゴリーがありますので、その辺の見せ方を少し工夫したいと思っています。  

More »

ブログ投稿用アプリをWordPressからPressSyncに変更してモバイルブログ環境が向上!

いまだに3Gのベトナムではモバイルからのブログ更新に時間がかかってしまいます。これまでWirdPress純正のiOSアプリを使ってきましたが、最近Press Syncに乗り換えました! Press Syncが勝っている点は以下の通りです。 画像レスポンスが早い あらかじめ掲載する写真はサーバー側にアップしておくのですが、WordPressアプリから写真を選択した時、もう一度ダウンロードしているのではないかと思うほど画像選択に時間がかかってしまいます。Press Syncはいったんサーバーに上がった画像の選択はストレスがありません。 drafts 4と相性が良い Press SyncはURLスキームが公開されているので、Drafts 4で作成した記事をストレスなく引き渡すことができます。Drafts4からPress Syncに記事を引き渡すURLスキームは以下の通りです: presssync:///newPost?content=[[draft]] 日本語のハンドリング 日本人作成のアプリなので日本語のハンドリングに問題はありません。WordPressアプリは時々日本語の入力が不安定です。

More »

ブログのタグクラウドを独立させてMulti-column Tag Mapプラグインを導入

昨年12月8日スタートした当ブログも記事数が273になりました。 そろそろカテゴリーやタグについて整理をしていかなければいけないと思っているのですが、まずはこれまでトップページに表示していたタグクラウドをやめて、タグページを独立させました。 タグページ:http://bit.ly/1nztTau 索引のようなものができないかと思っていたところ、丁度良いWordPressプラグインを見つけました。 Multi-column Tag Map 実際は上のタグページを見ていただければイメージがつかめると思います。 こうして見渡すと、タグが重複していたり、同じようなキーワードがあったりと編集が必要だと認識しています。

More »

WooCommerce2.5.0メジャーアップデート。今回は未対応のプラグインもあるので必ずバックアップが必要。

WooCommerceがメジャーアップデートしました。テーブルの扱いが異なっているようですので、必ずバックアップが必要です。 主なアップデート内容は以下のとおり: 2.5.0 – 18/01/2016 Feature – New default session handler. Uses custom table to store data rather than the options table for performance and scalability reasons. https://woocommerce.wordpress.com/2015/10/07/new-session-handler-in-2-5/ デフォルトセッションハンドラの更新。パフォーマンスとスケーラビリティのためにオプションテーブルの使用をやめてカスタムテーブルに移行 Feature – New tax settings UI – faster, enhanced with ajax, searchable. 新規税率の設定UI。Ajax及び検索が可能に。 Feature – WP CLI Support. https://woocommerce.wordpress.com/2015/10/01/sneak-peek-wp-cli-support-in-woocommerce/ コマンドラインでプラグインのアップデートなどが可能に Feature – Added terms and conditions checkbox to pay page. 支払いページに利用規約のチェックボックスが追加 Feature – Password strength indicators. パスワードの強さを表示 Feature – Added ‘pay’ link to order screen. オーダーページに”pay”のリンクを追加 Feature – Added admin order/payment failed notification. オーダー/支払いに失敗した時に管理者に通知 Fix – Check for existence of global attribute when you get_attributes() for a product. Fix – Show order by template on product search. Fix – Search variation

More »

WooCommerceで1ページあたりの商品表示点数を変更する方法

いまレストランのオンラインショップを開発中で、WooCommerceで1ページあたりの掲載商品点数を変更する必要がありましたので、以下その方法です: Appearance>Editor>Theme Functions (functions.php)でfunction.phpのエディタ画面を開く 以下のソースをコピペする。 // Display 32 products per page. Goes in functions.php add_filter( ‘loop_shop_per_page’, create_function( ‘$cols’, ‘return 32;’ ), 20 ); 32の部分が一度に掲載したい商品点数です。

More »

WEBサイトに年表を作成するならTimeline.jsがベスト

何度か使ったことがるのですがWEBサイト上に年表を作成するJS、Timeline.jsがより使いやすくなっていました。 今回はクラシック作曲家年表を作ってみました。 作成方法は簡単。http://timeline.knightlab.com/にアクセスして[Make a Timeline]ボタンをクリックします。 (1) Get the Spreadsheet TemplateをクリックしてGoogle Spreadsheetのテンプレートを自分のGoogle Spreadsheet上に作成します。ちなみにTimeline.jsを利用するためにはGoogleアカウントが必須です。 (2) Google Spreadsheet上でファイル>ウェブに公開>公開をクリックし、公開用URLをコピーします。 (3) コピーしたURLをTimeline.jsの設定用URLにペースト (4) IFRAMEのソースコードをコピーし、WEBページにペースト 以上です。プログラミングの知識がなくてもインタラクティブな年表を作成することができます。    

More »

EvernoteとPocketはもう使わないことにした。

メインブラウザで使用しているのはChromeですが、これまでWEBクリップ用としてEvernoteとPocketを使ってきました。ちょっと気になった記事や後で読もうと思った記事を手軽に保管できるので、気軽にWEB記事が保存できます。   ところが新聞の切り抜きと同じでクリップしたWEB記事はほとんど読むことがありません。後で記事を読まなければいけないほど忙しくはないし、iPhoneからでも記事全文を飛ばし読みすることができます。専門的な分野の記事を長期間にわたってストックする必要がなければ、どんなに記事を集めてもあまり意味がありません。 思い切ってEvernote、Pocketは止めることにしました。 ただメモ機能は必要ですので、Evernoteの代わりに純正メモ帳を使うことにします。こちらも一時的なメモは終わったら削除し、本当に必要なメモだけを残すようにします。 WEBクリップの代わりにWordPressのPress Thisブックマークレットを使うようにしています。Press ThisはWEB上の記事に関して記事を書くことができる機能で、かなり多機能で使いやすいのでWEBクリップの代わりに十分なります。こちらも記事を元にブログを書いてしまえば完了です。やっぱりブログを書くのをやめれば削除して終わり。 デジタル情報だからと言ってデータを溜め込むのは精神衛生上、あまりよろしくないとの判断です。

More »

WooCommerceで商品の並べ替えをしたいならIntuitive Custom Post Orderがおすすめ

WordPressで投稿順を並べ替えたり、WooCommerceの商品を並べ替えたい時があります。 そんな時におすすめなのがIntuitive Custom Post Order プラグインを導入し、設定>Intuitive CPOから並べ替えをしたいパートを選びます。 WooCommerceを導入していればProductsが選べるはずです。 あとは投稿一覧画面や商品一覧画面で項目をドラッグ&ドロップするだけ。   直感的かつ確実に商品や投稿の並べ替えができます。

More »

WordPressテーマならこれが一番使いやすいと思う。The7 — Responsive Multi-Purpose WordPress Theme

The7はWordPressテーマとしては定番中の定番です。 themeforestでは約2年で32,000本も売れていて、1本$59ですから$1,888,000(約2億2600万円)も売り上げていることになります。Miroslav&Irinaという二人のデベロッパーが開発していますので、十分すぎる売り上げだと思います。 ホームページ制作という仕事は多分もう業務として成り立たなくなっていると思われますが、こういう形で成功するデベロッパーもいるという良い事例です。下手なコーダーにコーディングをやらせるよりも50ドル、60ドルでテンプレートを購入した方が良質なサイトができてしまいます。 The7に含まれるプラグインは以下のとおり: visual composer layerslider slider revolution go ricing ultimate addons for visual composer プラグインを個別に購入するよりもお安くなっています。 The7の良い点は多機能でありながら簡単であること。今風のレスポンシブデザインサイトであれば30分もあればできてしまいます。WooCommerceサイトやWPMLも使えますので、サイト構築にはこれ1本で足りるのではないかと思います。 オススメのテンプレートです。    

More »

WordPressで画像の差し替えを可能にするプラグインEnable Media Replace

WordPressでWEBサイトを運営していると画像を差し替えたい時がよくあります。 例えば、バナーの入れ替えなど。 そういう時、WordPressでは 新規画像のアップロード ソースの画像リンク張り替え 旧画像の削除 という風に3ステップを踏まなければなりません。 Enable Media Replaceプラグインを利用すると画像そのものの差し替えが可能になります。 プラグインのインストール 新規プラグインの追加からEnable Media Replaceを検索し、インストールし、プラグインをアクティベートします。 使い方 差し替えたい画像の詳細画面を表示すると右サイドバー下部にUpload a new fileのボタンが表示されています。 ボタンをクリックするとファイルの選択ボタンが表示されますので、ここから新規の画像ファイルをアップロードします。その際、 Just replace the file: 単純に画像を差し替える Replace the file, use new file name and update all links: 画像ファイル名を新規ファイル名に変更し、準じて再リンクを行う の2つのオプションから選べます。通常はjust replace the fileでOKです。 注意点 画像を差し替える場合、旧画像と新画像は同じサイズにしておかなければなりません。

More »

WordPressブログのアイキャッチ画像をスライダーにするためのSlider Revolution設定

このブログではトップページのメインスライダーは投稿のアイキャッチ画像を再生しています。ブログでは作文も重要ですが、アイキャッチ画像も大切な要素です。 アイキャッチ画像をスライダーにするのに、WordPessのスライダープラグイン(有料)Slider Revolutionを利用しています。 設定方法はSlider Revolution>Slider SettingsからPost-Based Sliderを選び、表示をさせたい情報ソースとカテゴリを選択するだけです。 デスクトップやモバイルでの見せ方も調整可能です。 頻繁にアップデートされているプラグインですし、かなり多機能なので説明をし始めるとキリがないのですが、サイトをゴージャスに見せるためには不可欠なプラグインです。 昨年はSlider Revolutionをターゲットにしたマルウェアが流行したこともありますが、度重なるバージョンアップで現在は安定して動作しています。

More »

年末なので2016年バージョンの自社ホームページ作成中。来年はベトナム語重視のサイトにしたい。とりあえずヘッドのバナー完了。

前々からスカイラインの向こうからキャッチコピーが上がってくるようなデザインにしたかったので、来年はこのバージョンです。 特にベトナム企業向けのサービスを充実したいと考えているので、メイン言語は日本語からベトナム語に変更予定。  

More »

モバイルからのブログ投稿に必要な機能のすべてを備えたiPhone用WordPress純正アプリだが、日本語のハンドリングに難点があるのでDrafts 4を採用。

モバイルからのブログ投稿に必要な機能のすべてを備えたiPhone用WordPress純正アプリだが、日本語のハンドリングに難点があるのでDrafts 4を採用。 このブログはほぼWordPress純正アプリを使って投稿しています。問題は日本語のハンドリングが不安定なこと。 記事作成はDrafts4を使い、投稿時だけWordPressを使うというやり方です。 Drafts4からWordPressにデータを引き渡すためのURLスキームは以下の通りwordpress://newpost?title=[[title]]&content=[[draft]] テキストはDrafts 4で作成して、公開はWordPressを使います。

More »

WordPress CliffordではURLのコピー&ペーストが格段に簡単になっているのを発見。

ブログでリンクを張るとき、 <a href=”www.google.com”>Google</a> のようにaタグを使用するのが基本ですが、WordPressではエディタを使ってリンクを挿入することもできます。 ところが、もっと簡単な方法があったのです。URLをクリップボードにコピーした状態でキーワードを選択し、ペーストをすると勝手にaタグを挿入してくれるのです。 企業サイトなどで多数のリンクを張らなければならないことが結構ありますが、これでずいぶん楽になります。  

More »