【キャンプ】Dau Tieng貯水湖

3月20日〜21日、ビンズン省のDau Tieng貯水湖にソロキャンプに行ってきました。ホーチミン市内からのアクセスも良く、比較的よく整備されたキャンプ地でしたが、大家族のカラオケ大会に悩まされました。

場所

Dau Tieng貯水湖はホーチミン市の北西約70km、ビンズン省とタイニン省の境目にある巨大な貯水湖です。地理的にはほぼタイニン省ですが最寄りのDau Tiengの町はビンズン省に属しています。

アクセス

早朝6時にサイゴンバスターミナルからクチ行きのローカルバス(13番)に乗り、約1時間半、クチバスターミナルに到着。クチからDau Tiengまでは79番のバスで約1時間です。いずれも始発で乗車し終着で降車するので席は余裕を持って座れるでしょう。9時前にはDau Tiengバスターミナルに到着していました。

Dau TiengバスターミナルからDau Tieng湖のキャンプサイトまではちょうど10kmあります。私は変わり者なので、行きも帰りも2時間かけて歩いて行きましたが、Dau Tiengバスターミナルの近くにはバイクタクシーが何台かあるので、2〜30分で到着できると思います。

1回のバス乗り換えと、バスターミナルから10kmで到着できるということで、地方の交通の便があまり良くないベトナムでは好立地だと思います。バスもうまく接続しているので、待ち時間もほとんど不要です。

Google Mapで”Dau Tieng Camping“と検索すると複数の場所が表示されますが、今回私が滞在したのは2Phiと表示されたところです。

Dau Tiengの町からも近く、ほぼ1本道なので近くまでは迷わずたどり着けると思います。

最終的に湖畔に向かう道は迷っているバイクや車が多いと感じましたので写真を載せておきます。右手を進むとChùa Thái Sơnというお寺の境内に向かいますが、何も表示のない左側を向かうのが正解です。

キャンプサイト

2Phiと表示されたキャンプサイトは無料です。近くの民家が軒先で飲み物やティッシュなどを販売していますが、特に入場料のようなものは徴収されませんでした。
Google Mapsに表示されている電話にかけると、テントや炭などを有料で利用することができるようですが、自前の装備を持っているのであれば特に料金はかかりません。
またトイレ5,000VND、シャワー10,000VNDで利用することも可能です。

この日キャンプサイトに到着したのは正午過ぎ、湖畔は広々として余計な起伏もないので、テントは張りやすいです。
ベトナムでは無料のテント場に行くとゴミだらけで辟易とすることもありますが、ここは目立ったゴミも少なく好印象です。
海岸と違って波も穏やかなので、満潮の心配も必要ありません。

ベトナム流カラオケに悩まされる

写真だけ見ているととても良いところのようですが・・・実際に良いところですが、夕方4時ごろから続々とバイクや車でキャンパーが到着し、運が悪いことに私が幕営していた場所のすぐ隣に、大家族のカラオケファミリーが設営を行い、この日は午前1時までカラオケ大会が繰り広げられました。

このキャンプ地の難点は、サイトまで車やバイクで入ることができてしまうので、普段あまりキャンプなどやらない人も多くやって来ることです。

実はキャンプサイトを奥に進むと少し渡渉が必要な場所があり、そこまで行けば静かなキャンプを楽しめたと思いますが、この日は午後1時ごろにキャンプを設営してしまい、夕食の準備も進めていただのでそのまま移動することはしませんでした。こういう状況になるのがわかっていれば少し奥に設営をしていたと思います。

ベトナムに住んでいると、近隣のカラオケには慣れっこになっているので、私は午後10時ごろにさっさと寝てしまいましたが、静かなソロキャンプや仲間うちのキャンプを楽しみたい方は、半島をさらに進んで対岸側に設営されることを勧めます。

まとめ

ソロキャンプとして状況は最悪でしたが、環境としては悪くないと思います。何よりホーチミン市内から3時間程度で行けるので、土曜日の午後から出発して一晩泊まり、翌朝帰ってきても昼前には家に戻ってこれるという気軽さが良いと思います。たぶん私はリピートすると思います。

関連記事

Leave a Reply

現在192人がこのページを見ています(ウソ)

最近の投稿