ベンタン市場が安全な食品を取り扱う市場へ変身。ベンタン市場ビジネスモデルとは?:Ben Thanh to become safe-food market

情報源: Ben Thanh to become safe-food market

ホーチミン産業貿易局は2016年〜20年にかけて1区のベンタン市場を安全な食品を取り扱う市場としてパイロットプロジェクトを開始することにした。

プロジェクトによると安全食品市場とは農作物の産地証明と品質証明の基準を満たすものになるという。

安全食品モデルは野菜、豚肉、その他の流通およびフードサービスに適用される。

2020年以降はすべての以上に基準が適用される見込み。

外資を中心とした大型小売が参入し、品質およびサービスについてもベンタン市場ビジネスモデルは成り立たなくなってきているのだと思います。

ベンタン市場ビジネスモデルとは私が命名したものです。相手の顔色と懐具合をさぐりながら価格交渉を行うもので、ベンタン市場に限らずベトナムの会社とB to Bビジネスを行うには必ず通る関門です。

さらに悪い事に、日本の場合は取引が継続的になると信用を守るためより品質やサービスは良くなる(もしくは現状維持)なのですが、ベトナムのB to Bの場合は取引が継続的になると、わからないように品質を落としたり、手を抜いたりすることがあることです。ですから常に複数会社を競争させるようにしないと品質維持が難しくなります。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket

Leave a Reply