手帳と一緒に使って便利なモバイルプリンターPeriPage

PeriPageとは

PeriPageは中国製の白黒モバイルプリンターです。スマートフォンと連動してレシートサイズの感熱紙にプリントできます。

選べる用紙

PeriPageからは複数の用紙が発売されいます。

  1. 普通感熱紙
    標準で付属する感熱紙です。耐久性はあまりないので1年程度で色が褪せてきます。
  2. 10年感熱紙
    10年間色落ちがしないという耐久性に優れた感熱紙です。
  3. カラー感熱紙
    ブルーやピンクなど感熱紙本体の地色がついたものです。
  4. 半透明紙
    感熱紙が半透明になったものです。
  5. のりつき感熱紙
    感熱紙が剥離可能なのりつきになったものです。

良いポイント

  1. レシートサイズ
    レシートサイズなので手帳などに貼り付けて持ち歩くことができます。
  2. 印刷が早い
    スマホとの連動はBluetoothです。接続も早く印刷したいときにさっと印刷ができます。
  3. 様々な印刷フォーマットに対応
    テキスト印刷、画像印刷、ラベル印刷、WEBページ印刷など様々なフォーマットに対応しています。
  4. 意外に電池が持つ
    私の使い方では1回充電すると1週間程度は無充電で使用可能です。

活用方法

実際に活用しているシーンをまとめました。

仕事のタスクリスト

タスク管理は社内ではAsanaを使っていて共有していますが、個人的なタスクはプリントアウトして使っています。いちいちアプリを切り替えるよりも、目前にプリントアウトしたタスクがあったほうが確認が早く済みます。
終わった仕事は都度チェックをし、その日の終わりに手帳に貼付して残しています。

月間チェックリスト

こちらは横長に測量野帳に収まるサイズに印刷をして貼付したものです。趣味や日課をどれだけやったかを管理しています。

WEBクリップ

PeriPageアプリにブラウザが搭載されていてWEBページを印刷することができます。台所にはスマホやタブレットは持ち込みたくないので、レシピを印刷したり、買い物リストとして使っています。
またWEBサイトを見ていて気になった点や残しておきたいデータを印刷して手帳に貼り付けています。

ラベル

PeriPageにはラベル印刷機能もついているので書類の整理やキッチンの整理などに使っています。

期待以上の働き

最初は購入してもあまり使わないのではないかと危惧したのですが、使い始めてみると思った以上に便利で日常生活に役立っています。PCとスマホがあれば大体のものはデジタルだけで対応可能な時代ですが、紙の手軽さはやはり捨てがたいものがあります。

関連記事

Leave a Reply

最近の投稿