知らないうちにDay Oneアプリが大幅に進化していた

ジャーナリングアプリとして人気の高いDay Oneですが、現在のバージョン(iOS)は6.0.3で、気づかないうちに大幅にバージョンアップしていました。

カレンダーの画像表示

カレンダー画面ではエントリーに画像がある場合は、カレンダー上に画像が表示されるようになっています。

デフォルトジャーナルテンプレート

ジャーナルごとにデフォルトのテンプレートを設定できるようになっています。

例えばレシピというジャーナルを設定した場合、メニュー名、写真、レシピ、感想のようなフィールドをあらかじめ設定したテンプレートを用意しておけば、レシピジャーナルから新しいエントリーを作成するたびに、テンプレートが適用されるようになります。

エントリーのマージ

複数のエントリーをマージすることができるようになりました。

右上の…ボタンをクリック>Select Entriesでエントリーを選択することができます。
この状態で一番右側のボタンをクリックすると

いったん警告画面が表示された上で、Mergeボタンを押すと

エントリーがマージされます。

テキストメッセージを自動エントリー(米国のみ)

今回の6.0へのアップデートで最大の売りはSMSを自動的にDay Oneに取り込めるようになりました。残念なことにこの機能は米国のみで使用可能です。
SMSで送信した画像もエントリーに取り込まれます。

個人的な設定

以前のバージョンからでも可能でしたが、私はYouTubeでいいねをクリックすると自動的にDay Oneにエントリーとして取り込まれるように設定をしています。

詳しくは解説しませんが、IFTTTを使用してYouTubeとDayOneを連結し、YouTubeのいいねボタンをクリックするとその情報がDayOneに登録されるように設定しています。

まとめ

DayOneは使ったり使わなかったりしていますが、今確認すると最も古いエントリーは2012年12月6日で既に9年近く使っています。エントリー数は8580になりました。
たまにあの出来事はいつだったかな・・・と思った時、DayOneで検索するとヒットすることもあるので、パーソナルジャーナルとして活躍してくれています。

関連記事

Leave a Reply

最近の投稿