DayOneを使って感謝日記をつけよう。大人の仲間入りをするために。

以前からも不定期にやっていたのですが、今年に入ってからDayOneで感謝日記をつけるようにしています。日記のつけ忘れをなくすため、Balancedに登録して一日一回リマインドするようにしています。

サイゴンでは町を10分歩くと3回は嫌なことが起こります。歩道を歩いているのに後ろからバイクにクラクションを鳴らされる、宝くじ売りに押し売りをされる、手鼻をかんだバイクタクシードライバーにズボンを汚されそうになる、コンビニで並んでいたら横入りされる、子供が走ってぶつかってくる、などです。

こういう現象にいちいち反応していては精神が持ちませんし、かといって、我慢をしているといつか爆発します。

例えば、タクシーに乗って行き先が近いとあからさまに舌打ちされドライバーを後席から蹴るとか、レストランでオーダーしてもいない料理が来てウェイトレスに伝えたらお前が頼んだと言い張られ頭にきて皿をひっくり返す、などというまともな日本人にはあるまじき行動を起こしてしまいます。

そういう日々のストレスを溜め込まないためにも感謝日記は有効です。

日記のつけかたにはコツが必要です。必ず最後は同じフレーズで終わるようにします。例えば

今日はグェンティミンカイ通りでひったくりにあった。XXXXXXXXXXXXXXXXX。感謝。

会社のスタッフに届け物を頼んだら聞こえないふりをされた。XXXXXXXXXXXXXXXX。感謝。

タクシーに乗ったらドライバーに道を間違えられ余計な料金を払わされた。XXXXXXXXXXXXXX。感謝。

という風に最後は「感謝」とか「ラッキーだ」とか「良かった」とか必ず決まったフレーズで終わるようにします。

XXXXXXXXXXの部分は人それぞれですから適当に理由をつけて文章を書きます。何事も考え方次第なので毎日日記をつけていればXXXXXXXXXXXXXに埋める言葉は考え込まなくてもスラスラ出てくるようになるはずです。

そうなればあなたも大人の仲間入りです。

2016-01-07 21:50:24追記

Dayoneで感謝日記をつけたらタグ付けをすることをお勧めします。例えば#thanksのように。そうすれば、後から感謝日記だけを読み返すことができるので便利です!

 

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket