歩くことがこんなに楽しかったと気づかせてくれたビブラムファイブフィンガーズ

この記事はステマではなく、自分で購入した正直な感想です。

ビブラムファイブフィンガーズを履き始めてから今日でちょうど1ヶ月経ちました。日本円で約11,500円(ベトナムドンで2,500,000VND)と安い買い物ではありませんでしたが、この1ヶ月間は生活が大きく変わるきっかけとなったのでレポートします。

ビブラムファイブフィンガーズとは

ビブラムファイブフィンガーズとはビブラムソールで有名なイタリアのビブラム社が販売する5本指シューズです。登山をされる方なら、登山靴のソールとして有名なのでよくご存じでしょう。
私は主にウォーキングで使っているので素足で履いていますが、履いた瞬間に違いわかるほど軽くて、素足で歩いている感じです。5本指ソックスがあればソックス履きでも良いかと思いますが、素足の方が違いがわかるに違いありません。

最大の特徴は指先が5本に分かれている点です。最初は履きづらく感じましたが、履いてしまえば足にぴったりとフィットします。ヒールはジョギングシューズのようにクッションがなく、パッと見は地下足袋のようにも見えます。

値段は2,500,000VNDとベトナムではあり得ないほど高価で、ホーチミン市内では店頭で販売している店を見つけることができませんでしが、私はFacebookのVibram Vietnamという並行輸入業者から購入しました。
製造タグを見るとMade in Vietnamとなっていますが、残念ながらベトナムではほとんど入手することができません。

正直、試着をせずに購入するのは心配だったのですが、EUサイズの41(日本の25.5)でぴったりでした。
ビブラムファイブフィンガーズのサイズ表はここのページが参考になると思います。

自然に歩き方が変わる

ジョギングやウォーキングをするときは、胸を上げて、手を振り、かかとから着地するのが美しいとされていますが、ビブラムファイブフィンガーズにはヒールがほとんどありません。足先からかかとまで、ゴム板のようになっています。
そのため、着地をする場所はかかとではなく、五本指の付け根あたりになります。
つま先立ちをしたままその場でジャンプして、そのまま体の重心を前に向けると歩き(走り)始めるといった感じです。
自分の歩き姿をチェックするのは困難なのですが、おそらく、前屈みにペタペタと歩いている感じになるのではないかと思います。

ビブラムファイブフィンガーズを履き始めてから知ったことなのですが、長距離走で有名なメキシコの山岳民族ララムリや東京オリンピックマラソン日本代表の大迫傑選手もフォアフット走法とのことです。

実際にフォアフットで歩いていると、長距離を歩いたときのふくらはぎの筋肉が疲れることなく、楽に長距離を歩くことができます。

反面、クッション性がほとんどないので、未舗装路を歩くと小石がゴツゴツと当たって歩きづらく感じるかも知れません。

ウォーキングを始めて1ヶ月たった効果

ビブラムファイブフィンガーズが来てから、毎日、朝夕に1時間程度、ウォーキングを始めて、今日でちょうど1ヶ月がたちました。平日は大体10km前後、休みの日は20kmから30km歩いています。実際、5時間、6時間歩き続けても、筋肉が疲れてしまうこともなく、本当に歩くのが楽しくなってきました。

この1ヶ月で起きた体の変化は以下の通りです:

集中力が高まり気持ちが軽くなった

ちょうど歩き始めたのがベトナムでもコロナの影響で暗い雰囲気の頃でした。私の会社も受注がキャンセルになったりして大変といえば大変な時期だったのですが、毎日、歩き続けていると気持ちが軽くなり、仕事にも集中できるようになりました。

腰が軽くなった

自宅にいる時、洗濯物の取り込みや床の掃除など、ちょっとした家事も面倒くさいなと感じていたのが、なくなりました。腰が軽くなり、気がついたらすぐにアクションを起こすことができるようになりました。

眠りが深くなった

朝は5時前に自然に目が覚めるので、逆に夜は9時半から10時になると眠くなってしまいます。目覚まし時計はかけていないので、眠くなったら眠り、目が覚めたら起きるという生活ですが、就寝時間そのものは余り変化はありません。むしろ眠りが深くなって、質が高くなったので、昼食後でも眠くなるということがなくなりました。

体重は変わらないが筋肉に変わった

この1ヶ月間、ほぼ体重は変わりませんが、全体的には体重は減少傾向です。体重が変わらない分、脂肪が筋肉に変わってきたように思われます。

水分補給量が増えた

以前はあまり水を飲むことがなかったのですが、最近は1日2-3リットル飲むようになりました。体が水分を欲していることを感じます。

靴一足を変えるだけで人生が変わる(こともある)

今のところ毎朝夕のウォーキングは途切れなく続いています。1ヶ月前までは考えもしなかったことですが、大げさではなく、たった一足の靴で人生が変わりました。
ウォーキングをしていると、このままどこまでも歩いて行けるような幸福感を感じることができますし、ビジネスも家事も軽く回すことができるようになったと感じます。
人によって感じ方は異なると思いますが、一度、履いてみればその違いがわかると思います。

たった一足の靴が人生を変えることがあるのかも知れません。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket

Leave a Reply