2016年の楽しみは谷崎潤一郎の著作権が切れること。青空文庫では続々と校了中。