Macフルスクリーンウインドウでの作業環境を考えてみる

Macには狭い画面でも目一杯使用できるフルスクリーン機能がついていますが、この機能はマルチウィンドウが使用できなくなるという点で良い点と悪い点がトレードオフになります。フルスクリーンウィンドウの作業環境でありながら、他アプリとマルチタスクを行う作業環境の作り方についてご紹介します。

Taskpapaer3をブラウザのコンパニオンとして使用する

フルスクリーン環境で開発やデザイン作業するとき、現在行なっている作業のタスクを確認したり、チェックリストが欲しいものです。
Macはもともとマルチウィンドウ環境がデフォルトですが、確認用のメモが作業ウィンドウの背後に回って見えなくなるなど、必ずしもマルチウィンドウの作業効率が高いわけではありません。
これまでMac標準のスティッキーズをテキスト確認用に使っていましたが、Taskpaper3に乗り換えてから、フルスクリーン環境でのテキスト作業が格段に快適になりました。

常にブラウザを見ながらTaskPaperも表示しているので作業漏れはありませんし、またただ漫然とブラウザを見るのではなく、気に入ったテキストやブックマークをしながらブラウザ作業ができます。

最小幅まで小さくできるマルチウィンドウ

UIがシンプルなTaskpaper3はウィンドウ幅を最小にしても充分な入力、編集のエリアが確保できます。入力文章が長い場合はフォーカスモードにして文章の一部分だけを表示したり、完了したタスクをアーカイブすることも可能です。狭い画面でも今やるべきタスクのみを表示できます。

モバイルとの連動

iPhone版のTaskpaper互換アプリTaskmatorであれば外出中や移動中にメモを取っておいて仕事に生かすことができます。TaskpaperもTaskmatorもデフォルトの拡張子は.taskpaperですが実質的にプレーンテキストなので拡張子を.txtにしておくことであらゆるアプリと共有できますし、ファイルサイズも小さいので同期もスピーディーです。

プレーンテキスト

新規テキスト入力は基本的にinbox.txtというテキストファイルに入力し、Dropboxで共有します。アイデアを思いついた時にすぐにinbox.txtに入力するのですが、iPhone側ではプレーンテキスト形式であればDrafts 4、Taskmator、iA Writerなどアプリを選んで入力することができます。どのアプリを使っても直ちにMac上のinbox.txtに表示されるので入力したことを忘れることはありません。

マルチタブ機能

Inbox.txtは一時入力用のバッファのような機能を持たせていますが、長文のブログやプロジェクト関係の情報は、情報ごとにテキストファイルをわけています。Taskpaper3にはマルチタブ機能がついているので、複数のテキストファイルを同時に開いて作業することができます。

Popup Window

ブラウザとTaskpaperでテキスト関連の情報表示はほぼ完璧ですが、画像やファイルにアクセスするときはファインダーを表示させなければなりません。
私はPopup Windowを購入して、デスクトップ、プロジェクトフォルダ、ダウンロードフォルダへフルスクリーン環境からアクセスできるようにしました。
これでブラウザを見ながら文章入力をし、同時に画像を扱うことも可能になります。

まとめ

フルスクリーンウィンドウ化のメリットは余計な情報に煩わされることなく作業に集中できる点です。反面、デメリットは複数画面を見ながらの作業がやりづらいことです。今回ご紹介した方法は、フルスクリーンウィンドウ環境でありながら、マルチウィンドウのメリットも生かし、必要な情報を集約して作業に集中できる方法としてお勧めします。実際、集中力と生産性がかなり上がりました。

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket

Leave a Reply