【キャンプ用品】Naturehikeスリーピングマットを購入

これまで使っていたのは折りたたみ式のスリーピングマットです。このタイプのスリーピングマットは軽量でさっと取り出して使えるのがメリットですが、バックパックの後部につけると横幅を広くとってしまい、キャンプ場までバス移動が主体の自分としては邪魔に感じていました。そこでバックパックの内部に収納できるNaturehikeのエア式スリーピングマットを購入しました。

空気穴は二重になっていて、空気を吹き込むときは真ん中の蓋を開けて息を吹き込みます。私の場合、全体を膨らませるのに20回程度深呼吸が必要でしたので、マットを膨らませるのに少々疲れます。

マットを広げた状態では59cm x 195cmでテント内で就寝するには十分な大きさです。
実際に寝てみるとかなり沈み込むので、小石の多い場所などで底が当たるのではないかと少々心配です。

空気穴の外側を開けると一気に空気が抜けてくれます。撤収の時も素早く対応できそうです。

重量は500g程度あり、折りたたみ式のマットが300g程度しかないのに比べると重量アップですが、コンパクトに収納できる点はメリットです。

今はコロナの影響で外出も自粛気味ですが、次回、キャンプに出かける際には実際の使い勝手を試してみたいと思います。

関連記事

Leave a Reply

最近の投稿