【タイ旅行】パタヤのパラセーリングにトライ!

今回、パタヤビーチでパラセーリングにトライしてきました。ウォーキングストリートにマリンスポーツのメニューを持った人がいるので料金交渉しました。500バーツが相場のようですが、売り子は700バーツといってきました。今回はあまり時間もないので中間の600バーツで交渉成立させました。

パラセーリングは朝8時から営業しています。この日は午前中にバンコクに戻るので朝食前にトライしましたが、すでに沖合のパラセーリング用の人工島では人だかりです。


浜辺からボートで沖合まで行きます。

しっかり捕まっていないと振り落とされそうです。

沖合の人工島もかなり船が揺れるので船がしっかり止まってから係員の助けで乗り移ります。

メガネ、スマホなどは下の係員が預かってくれます。Go Proだけは撮影用に手持ちしましたが、基本的に貴重品は預けておいた方が良いかと思います。

ハーネスと安全ベルトをつけられ、ライフジャケットをつけられたら準備完了。


前の人が降りたら、降下地点に連れていかれ、ハーネスをつけたら走ります。甲板の上は柔らかなマットレスになっているので、裸足で走っても問題ありません。

2、3歩地面を蹴っただけですぐに浮上。怖いという感じはありませんが、アドレナリンが上昇するのがわかります。私のApple Watchはこの時間帯に心拍数が上がっているのを記録していました。



この人工島を一周するだけなので、パラセーリングをしている時間は2分程度です。ドキドキしているのがわかりますがとても爽快。空中に慣れてきた頃にはもう降下が始まります。


下では4人の係員が支えてくれるので着地のショックも全くありませんでした。

パタヤは一泊だけでしたが、パラセーリングを楽しむだけでも来た甲斐がありました。

しかしパタヤではマリンスポーツの事故も発生しているのでようです。危険が皆無な訳ではありませんので各人の判断が必要です。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket

Leave a Reply