【メスティン料理】 鯖缶の竜田揚げ

今回はメスティンを使って揚げ物に挑戦してみました。アルミは熱伝導率が良いため、少量の油でカラッと揚げることができます。

材料

鯖缶(水煮)
今回使用したのは鯖の水煮缶1缶です。

かたくり粉
残念ながらわが家にはかたくり粉がないのでタピオカ粉で代用しました。

生姜醤油
醤油適量に生姜をすり下ろします。あればチューブ生姜でも構いません。

作り方

鯖缶は身を慎重に半分に割り、生姜醤油(適量)に10分ほどつけておきます。

全体に薄くタピオカ粉をまぶします。

メスティンに入れる油は身の半分(高さ5mm程度)で十分です。鯖缶の鯖は既に調理されていてそのままで食べられるので、さっと火が通る程度揚げれば十分です。

まとめ

めちゃくちゃ簡単でしかも美味しいメニューなので、鯖缶はこのメニューのために常備しています。熱伝導率の高いメスティンであればアウトドアでも気軽に揚げ物や天ぷらができるのも良い点です。

関連記事

Leave a Reply

現在187人がこのページを見ています(ウソ)

最近の投稿