ダミーテキストを素早く入力するAlfred workflow

WEBデザインやグラフィックデザインをする時、ダミーテキストを入力したいことがあります。英文ではLorem ipusumが有名で、次のような意味のない文字の羅列です。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis autem vel eum iriure dolor in hendrerit in vulputate velit esse molestie consequat, vel illum dolore eu feugiat nulla facilisis at vero eros et accumsan et iusto odio dignissim qui blandit praesent luptatum zzril delenit augue duis dolore te feugait nulla facilisi. Nam liber tempor cum soluta nobis eleifend option congue nihil imperdiet doming id quod mazim placerat facer possim assum. Typi non habent claritatem insitam; est usus legentis in iis qui facit eorum claritatem. Investigationes demonstraverunt lectores legere me lius quod ii legunt saepius. Claritas est etiam processus dynamicus, qui sequitur mutationem consuetudium lectorum. Mirum est notare quam littera gothica, quam nunc putamus parum claram, anteposuerit litterarum formas humanitatis per seacula quarta decima et quinta decima. Eodem modo typi, qui nunc nobis videntur parum clari, fiant sollemnes in futurum.

日本語ではすぐ使えるダミーテキストが便利で、青空文庫のテキストをベースにダミーテキストを生成してくれます。

それは直接いかにそんな著作院という訳のために潰れるなた。ようやく十月を評家はせっかくその料簡ですですほどがあるてならたには満足もっうたから、ぴたりには悟っですであっない。座が行かべき訳はよく今へとにかくんたた。けっして岡田君に附随自分たった紹介がしない欄その欄彼らか病気にについてお講演ましたますませて、その場合はあなたか時分お蔭に廻っば、向さんののが知識の何がむくむくお見当と作って私見込みがお意味を眺めるようについお意味になっですだて、どうかもちろん支配からなっなけれといありのを流行るました。またはまたご欄にし事は実際大丈夫とするなば、その農家には断っないてという害に思うて来たな。
ある日主義のつどある段は私中が使えませかと向さんを入っあるう、此年の事実ならという小ぼんやりなくあるんから、自分のところに道に当時かもの腹の中と事実買い占めるが始めば、それだけの今日がしよてその時を依然として聴いたですと飛びですのありて、ないただば当然ご席できますのたうます。つまり嚢か馬鹿か推察をあるなから、場合上哲学を尽さているた時にお活動の今日がふりまいたです。事実をはもうなってできでならたでば、とうていもしするて説明はいろいろ詳しいだ事です。

それらしい日本語になっていますが、まったく無意味です。無意味という点がミソで、意味のある言葉だと後でダミーだと分かりづらくなるので、ここにはテキストが入りますよということを示すだけです。

すぐ使えるダミーテキストはWEBサービスなのでアクセスをするのに時間がかかってしまいます。そこでAlfredのエクステンションを作成して使っています。

Alfred_Preferences

設定はごく簡単です。Keywordにはli2を割り当てています。(別のエクステンションで英文のLorem ipusumにli1を割り当てているため)

スクリーンショット_2016_01_17_10_06

次にCopy to clipboardを設定します。ここには先ほどのすぐ使えるダミーテキストで生成したダミーテキストを登録しておきます。
Automatically paste to front most appにチェックマークを入れておきます。

スクリーンショット_2016_01_17_10_08

あとはダミーテキストが必要な時にAlfredを起動して「li2」とタイプするだけ。サクッとレイアウトを作成する時に重宝します。

名称未設定-1____88___CMYK_プレビュー_

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket