最近また出店を再開したAEONグループのミニストップはサイゴンで勝ち残れるのか?

以前はTung Nguyenグループと合弁をしながら、合弁解消したミニストップが出店を再開し始めたのでブイビエン店に行ってきました。
ミニストップはAEONグループなのでトップバリューを始めとする日本製商品があるのが便利です。ABCベーカリーだけではなくPBのパンがあるのもOK。その他の商品はサークルKと商品が被っているので多分同じ卸会社が入っているのだと思います。

サークルKをじっくり見ているとわかるのですが、ベトナム人がイートインでよく頼むのはインスタントラーメンをお湯で戻し、焼きそば風に味付けをしたMi Xaoです。こんなチープなものは日本人的な感覚では頼みませんが、ごく一般的なベトナム人が小腹を満たすのに最適なのがMi Xaoなのだと思います。サイゴンのコンビニで一番よく来店しているのはこういう顧客層ですが、ミニストップは少し上の層を狙っているのかなと感じました。

全体的に商品価格がベトナム人にはごくわずかに高めであり、すでにコンビニ激戦区のサイゴンで勝ち残っていくのは容易ではないと思いますが、独自性を出して頑張って欲しいです。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket

Leave a Reply