海外送金手数料削減の決め手に?大手銀行の参入で大いに高まる期待:三菱UFJ銀、独自の仮想通貨を開発中 コスト減へ期待:朝日新聞デジタル

 三菱東京UFJ銀行が、独自の仮想通貨の開発を進めていることが分かった。ITを活用した新しい金融サービス「フィンテック」の一つで、実用化されれば、金融取引などの管理にかかる費用を大幅に節約し、国際送金

情報源: 三菱UFJ銀、独自の仮想通貨を開発中 コスト減へ期待:朝日新聞デジタル

例えば東京からベトナムの口座に1万円を送金しようとすると数千円の振込手数料がかかる上に、銀行支店に行って送金目的とかいろいろな書類を書かなければなりませんでした。(2009年頃の話ですが・・・)

今はどうなっているのかわかりませんが、マネーロンダリングの問題もあって日本からベトナムへの送金は容易ではないはずです。さらに外国為替管理も問題もあってベトナムから日本へはもっと送金が大変です。

大手銀行が仮想通貨を発行してくれたらセキュリティ上も利便性も大きな前進です。期待しています。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket