【スケッチ】モレスキンにバインミーを描きました

ホーチミン市のロックダウンが解除されて一番再開が早かったのはバインミー屋ではないでしょうか。もともとほとんどの店舗が持ち帰りを前提としており、調理もさほど必要としません。
ロックダウン後、いくつかのバインミー屋を回って久しぶりのバインミーを堪能しました。

今回、スケッチを描いたのはモレスキンのアートブックです。このスケッチブックは吸水性が低い用紙なので、水彩画特有の滲みを生かした彩色は困難ですが、発色が鮮やかなのは良い点です。いつもよりビビッドな色が出てくれたので、地味なバインミーでも鮮やかに描くことができました。

絵を描き始めて10ヶ月経ちましたが、だんだん絵具の扱いにもなれてきたと思います。

関連記事

Leave a Reply

最近の投稿