ニュースクリップ

バオ=ダイのロレックスが世界最高値で取引された理由>Tin tức mới: Vì sao chiếc Rolex của vua Bảo Đại đắt giá nhất thế giới?

Hội nghị Geneva 1954 kết thúc với Hiệp định Geneva đình chỉ chiến sự, công nhận nền độc lập của các quốc gia bản xứ, chính thức chấm dứt chế độ thực dân Pháp tại Đông Dương.Đó cũng là lúc Bảo Đại chấm dứt vai trò trong chính quyền. Năm 1955, ông rời Việt Nam, sống lưu vong ở nước ngoài, chủ yếu là ở Pháp.Bảo Đại luôn mang chiếc đồng hồ Rolex quý giá bên mình cho đến khi ông qua đời tại Paris vào năm 1997. Chiếc đồng hồ sau đó được một người con trai của ông thừa kế và đem bán đấu giá năm 2002. Chiếc

More »

なぜベトナム人の犯罪が急増しているのかをテレビ朝日がニュースで解説>バッグにごっそり口紅など“窃盗”ベトナムで転売か(17/03/02) – YouTube

またベトナム人留学生の窃盗事件が発覚しました。 今のところ一般的な日本人のベトナムに対する意識は決して悪くはないと思いますが、将来、中国や韓国に対するような嫌悪感情が生まれはしないかと心配です。 TV朝日のこちらのリンクではなぜベトナム人の犯罪が急増しているのかを解説しています。ベトナムに住んでいる我々からすると事情がわかっているので「しょうがないな」という悪理解もありますが、ベトナムのことをあまり知らない一般的な日本人からすると、マスコミ報道を通じて「ベトナム人=犯罪者」のステレオタイプが生まれるのではないかと危惧します。 家族ぐるみで借金をして日本に留学するという現行の仕組みを変えていかないと、根本的な解決は難しいだろうと思います。

More »

「広告を売ってもお金にならない」とウェブメディアのCEOが苦境を吐露&従業員の3分の1を解雇 – GIGAZINE

Medium 情報源: 「広告を売ってもお金にならない」とウェブメディアのCEOが苦境を吐露&従業員の3分の1を解雇 – GIGAZINE ビジネスとしてうまくいっているように思ったMediumですが従業員解雇とのことで苦境に立っているようです。昨年のDNAの騒動もPV至上主義の弊害ですが、クォリティの高い情報を出し続けていくための手段として広告モデルは成り立たなくなっているのかもしれません。 しばらくは混沌とした状況が続くと思われますが、質の高いコンテンツを提供し続けていくことができる枠組みが求められています。

More »

元YouTuber・Casey Neistatのクレージーなベトナム旅行VLOG

YouTuberのケーシー・ネイスタット(Casey Neistat)がVLOGを終了したのは先日お伝えしましたが 残念!Casey NeistatのVLOGが終了>i’m ending the vlog – YouTube その直後、ケーシーが関わっている動画アプリBemeがCNNに2500万ドル(約28億円)で買収されたニュースが入ってきました。 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/29/news060.html 正直なところBemeはさほど成功しているアプリでもありませんし、競合の存在を考えると今後飛躍的に伸びる可能性は少ないと思いますが、CNNはケーシーを中心とするグループを取り込みたかったのだというもっぱらの噂です。 そのケーシーが最近アップロードした動画がこれ↓ 息子と一緒のベトナム旅行VLOGです。クレージーなケーシーのクレージーなベトナム旅行が楽しめます。 ケーシーは11月にVLOGを停止して以降、どうやら最近VLOGが恋しくなってきたらしいのですが、毎日でなくてもYouTubeにアップしてくれることを期待しています。

More »

積み上げるともう少しでエベレストの標高になる>粉ミルク1億円分窃盗か、容疑のベトナム国籍4人逮捕

 他人名義のクレジットカード情報を使い、およそ1億円分の日本製の粉ミルクを購入し、盗んでいたとみられるベトナム国籍の男女4人が警視庁に逮捕されました。  逮捕されたのは、ベトナム国籍の無職、グエン・ゴック・サン容疑者(24)ら男女4人です。  サン容疑者らは去年から今年にかけて、他人名義のクレジットカードを使ってインターネット通販サイトで粉ミルク84缶、販売価格およそ17万円分を千葉県松戸市などに配送させ、盗んだ疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、サン容疑者らが配送させた粉ミルクをともに逮捕されたベトナム国籍の男女が受け取り、ベトナムに送る手口を繰り返し、これまでにおよそ1億円分の粉ミルクを盗んでいたとみられています。  取り調べに対し、サン容疑者は「ベトナムでは偽物の粉ミルクが多く出回っているので、日本のものは高品質で良く売れる」などと供述しているということです。(18日14:57) 情報源: 粉ミルク1億円分窃盗か、容疑のベトナム国籍4人逮捕 リンク元にはテレビ動画があるのでそちらを見て欲しいのですが、Twitterでも書きましたが1億円分の粉ミルクというのはものすごい量です。 価格コムで粉ミルクを検索すると最も売れているのがビーンスターク・スノーのすこやかM1大缶800gで最安値が¥2,056です。 この缶のサイズはAmazonによると 内容量:800g 商品サイズ(高さx奥行x幅):180mmx132mmx132mm 原材料:ホエイパウダー、植物油(パーム核油、大豆油、パーム油、カノーラ油)、乳糖、脱脂粉乳、全粉乳、バターミルクパウダー、カゼイン、乳清たんぱく質濃縮物、精製魚油、リボ核酸(RNA)、酵母、塩化カリウム、リン酸三カルシウム、炭酸カルシウム、ビタミンC、硫酸マグネシウム、炭酸カリウム、クエン酸三カリウム、クエン酸第一鉄ナトリウム、タウリン、イノシトール、シチジル酸ナトリウム、硫酸亜鉛、ビタミンE、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、ウリジル酸ナトリウム、硫酸銅、ビタミンA、ビタミンB6、アデニル酸、グアニル酸ナトリウム、ビタミンB1、イノシン酸ナトリウム、葉酸、B-カロチン、ビタミンD3、ビタミンK2、ビタミンB12 ということで高さが約18cmあります。 1億円分を詐取したということなので計算してみると ¥100,000,000 ➗¥2,056=48,638個 を盗んだわけで、これを積み上げてみると 18cm x 48,638 = 875,484cm =8,754m もう少しでエベレストの標高(8,848m)に到達する高さになります(惜しい)。 重量で見てみると内容量だけで1缶800gですから 800g x 48,638= 38.9トン 20トンコンテナ2本分ですか。缶の重量を加えるともっと多くの量になります。 明らかに個人の犯罪ではなく、組織的な犯罪であると思います。逮捕されたこのケースだけでこれだけの量が盗まれている訳ですから、逮捕にまで至っていないケースを考えるとこの数倍の量が日本国内でベトナム人に盗まれて、ベトナムに送られていることが想像されます。もう完全に商売レベルです。 品質の高い日本製の粉ミルクを欲しがる親たちが市場にいて、窃盗または詐取→集荷→送り出し→輸出入(密輸を含む)→販売のルートが出来ているわけです。 サイゴンの某マーケットに行けば日本のドラッグストアの値札がついた商品がそのまま売られています。なぜつけたままにするかというと正真正銘の日本製であることを伝えるためです。 さすがにベトナム航空の乗務員はもう運び屋はやっていないと思いますが、まだまだベトナム人による国際犯罪は後を絶ちません。情けない話です。  

More »

この記事の通りならすごいこと。いま癌に苦しんでいる人に1日も早く適用して欲しい>近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは | Mugendai(無限大)

人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている。 「近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・主任研究員が開発した。がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指し 情報源: 近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは | Mugendai(無限大) たまたまTwitterで紹介されていた記事なのですがこの記事はすごいです。IBMの提供サイトの情報ですし、経歴からも立派な方なので、かなり確かな情報だと思いますが、この記事のままであればあと2〜3年で癌の効果的な治療法が確立することになります。癌が根治できる治療法が開発されたなら確実にノーベル賞級でしょう。 いま癌に苦しんでいる人に1日も早くこの治療法が届くことを願っています。

More »

サイゴンのバインミーが世界中でトライすべきストリートフードの20の一つに選ばれた>20 Must-Try Street Foods Around the World

In many countries, if you’re skipping what’s being served on the street, then you’re missing out on more than just a quick, cheap lunch. 情報源: 20 Must-Try Street Foods Around the World VnExpressで今一番読まれている記事が「Saigon’s banh mi hailed among the kings and queens of street foods」。サイゴンのバインミーが世界中でトライすべきストリートフードの20の一つに選ばれたという記事です。 早速オリジナルサイトのFodor’s Travelに行ってみて来ました。 Fordor’sは英語トラベルサイトですが、日本語サイトがないのでこれまで知りませんでしたが、旅行関連では世界で最も読まれているサイトとのことです。 残念ながら日本のストリートフードは掲載されていませんでしたが、日本を代表するストリートフードってなんでしょうね。たこ焼きかな?

More »

訃報:歌手のリリィさんが肺がんのため死去。70年代には独特の暗さがあった。

りりィ(Lily、1952年2月17日 - 2016年11月11日)は、日本のシンガーソングライター・女優である。本名、鎌田 小恵子[1]。福岡県福岡市生まれ、小学校3年から東京で育つ[2]。アルファーエージェンシー所属。音楽のほか女優としても活躍しており、ドラマ・映画・CMに多数出演している。 長男は、ロックバンド・FUZZY CONTROLのJUON。 歌手のりりぃが亡くなりました。リアルタイムに歌を聴いていた頃は随分大人の女性のイメージがありましたが、実際は10歳ほどしか違っていなくて、その若さにも驚いています。 1970年の前半は高度成長時代で世の中がお祭り騒ぎのような状態の中、豊かさに取り残された若者たちがいて、藤圭子やリリイやかぐや姫で歌われた世界には独特の暗さがありました。 そういう暗さはユーミンと達郎の登場で完全に払拭されてやがて日本はバブルの時代に入っていくわけですが、まだ幼かった自分の中にも、この暗い時代の影響が残っていると思います。

More »

これは良記事>10種類のベトナム麺料理を食べてまわる

情報源:10種類のベトナム麺料理を食べてまわる これは良記事です。 少し前の公開のようですがネルソン水嶋さんの「10種類のベトナム麺料理を食べてまわる』がデイリーポータルZに公開されています。 長くベトナムに住んでいても、こういう風に網羅的に食べて歩くことは難しいし、一つの記事にまとめることも大変だったと思います。 ベトナム料理の奥深さが実感できます。

More »

トランプ勝利で日米関係、米越関係はどうなるのか?

結果はトランプの地滑り的勝利でした。トランプ大統領の誕生によって日米関係、米越関係はどうなっていくのか考えてみたいと思いますが、今日は忙しくてブログを書く隙がないので少しずつアップデートしていきたいと思います。とりあえずサブタイトルのみだけ書きました。 資本主義に取り残された労働者階級の勝利 TPPの行方はどうなる? 日米軍事同盟と東シナ海、南シナ海問題は? ロシア・中国と日米関係 トランプ政権に関する論評記事リンク 日経新聞:市場にトランプショック、日経平均一時800円安 「相場が本格的に大統領選を織り込んでいくのは、結果が判明した後、新大統領の政策内容を見極めてからになる。本当のトランプ・ショックは、そこから始まるのかもしれない。」 東洋経済:中国とロシアは、なぜ「トランプ支持」なのか 日本と米国の関係は非常にデリケートになる佐藤 優 :作家・元外務省主任分析官 孤立主義的な傾向が米国で強まっている asahi.com「TPPは死んだ」 米専門家、トランプ新大統領に懸念 トランプ氏は大統領就任後、約5千ページと彼が言うTPPの合意文書を文字通り引きちぎるようなことをするだろう。少なくとも米国が参加し続けるかという意味において、トランプ政権下で「TPPは死んだ」と言っていい。

More »

アメリカ大統領選:予断は許さないが前半戦はトランプが優勢。円ドル相場は大荒れ。

マスコミ報道ではクリントンが優勢という予想でしたが、蓋を開けてみたら前半戦はトランプが優勢。スイングステートの状況は フロリダ州(29) トランプ ペンシルベニア州(20) クリントン オハイオ州(18) トランプ ノース・カロライナ州(15) トランプ ヴァージニア州(13) クリントン コロラド州(8) クリントン アイオワ州(6) 未開票 ネバダ州(6) 未開票 という感じでまだ予断は許しませんがトランプが健闘しています。かたや円ドル相場は大荒れ。 日経平均も下げています ちなみに選挙前からトランプが勝つと予言していた木村太郎さんの動画は以下から: [fve]https://www.youtube.com/watch?v=RWzartDD4n8[/fve] トランプが勝てばイギリスのEU離脱以上のインパクトが世界にあると思います。

More »

瀬戸弘司のミツアキTVがiTunesで配信開始>【速報】ミツアキTVラップがついに配信開始!そして新たに「ミツアキTVラップ geniway Remix」も登場! – YouTube

YouTuberの瀬戸弘司さんがプレイする「ミツアキTVラップ」がiTunesに登場しています。本当に才能豊かで尊敬します。 [fve]https://www.youtube.com/watch?v=14UfHYlPIXM&feature=youtu.be[/fve] iTunesのリンクはこちら https://itunes.apple.com/jp/album/mitsuakitvrappu-single/id1170058931

More »

坂本龍馬をカラーにしてみた。早稲田大学が開発した白黒写真を人工知能を使って着色するサービスがすごい!

岩倉具視と使節団をカラー化してみました (^^) ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け 早稲田大学の「ディープネットワークを用いた大域特徴と局所特徴の学習による白黒写真の自動色付け」が予想以上にすごかったので紹介します。サービスはこちらから: ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け 実際の作業はとても簡単でブラウザ上の指定位置に画像をドラッグ&ドロップするだけ。 ほんの数秒で白黒写真がカラー着色されて表示されます。 この有名な坂本龍馬の写真なんてすごいと思いませんか!ピストルを手に持っていることがより鮮明になってこの写真がとても風変わりなポートレート写真だったことがわかります。 写真修復の仕事はいずれなくなる 今、写真修復をカメラのキタムラに頼むと1件9,000円もします。もちろん人間の手作業によるものですからそれなりの精度が実現できるのだと思いますが、単にカラーにするだけだったらこういう形で人工知能を使ったサービスに変わっていくと思います。 ちなみにこちらはサイゴンに複数ある写真修復師のオフィス。ベトナムでは仏壇に飾ったり部屋の壁に飾ったりするための写真修復の仕事があります。何度か訪問させてもらいましたが、基本的にPhotoshopを使って作業をしています。このサービスを紹介してあげるべきか否か少し悩んでいます。  

More »

折り畳み可能でぶつかっても安全なノートブックサイズのドローン>A notebook-sized drone makes flying indoors safe

Startup Zero Zero Robotics has designed a camera drone that follows people around inside the house and can fold up into the size of a small notebook. 情報源: A notebook-sized drone makes flying indoors safe アメリカのスタートアップ Zero Zero Roboticsが発表した折り畳み可能でノートブックサイズのドローン。550ドルです。ラップトップを開くように羽を開くと起動してそのまま空中に浮きます。4Kカメラを搭載。大きさは18cm x 13cm x 3cm. スペックでは上空2000メートルと書いてありますが上空20mまでの操作を推奨。 サイトはこちら:https://gethover.com/ Casey Neistatが早速ブログでレポートしています。 今年から来年にかけてドローンの技術進歩がすごいと思います。半年もするとこのクラスのドローンが低価格で大量に出回り始めると思います。

More »

サイゴンでDJI Osmo Mobileを売っている店を調べてみた

先日、日本でも発売されたDJI Osmo Mobile なかなか好評のようです。スマホで手ブレのない動画が撮影できる、複数のポイントをパンしながらタイムラプスが撮影できるなど魅力的な機能が搭載されています。問題はベトナムでどうやって手に入れるのかということ。DJI Fantomを売っている店のホームページを見ても取り扱いなし。ベトナム語でサイトを立ち上げている多分個人のようなサイトに連絡をしたものの回答なし。 日本ならAmazonでワンクリックなんですけどね。

More »

2016-2017ドローン最新機種の映像を集めたYouTubeビデオ>TOP 7 Latest Drones To Start 2017 – Foldable Drones – YouTube

YouTubeの動画に2016ー2017年の最新ドローン特集が載っていたので転載します。DJIの独壇場から様々な企業が一般用ドローン市場に参入して選択肢が増えました。去年ファントム2を紛失している経験から言えば、ビデオを見る限り操作性がかなり簡単になっているように思います。 DJI Mavic 真打DJIからは折りたたみ式のドローンMavicです。YouTube上にもかなり映像が出回るようになりました。 Go Pro Karma アクションカメラの大御所Go Proが初めて発売するドローンです。オプションのスティックにカメラを載せると3Dギンバルになります。 Breeze 4K Yuneecという会社が発売する4Kカメラ搭載のドローン。どうやら業務用のドローンを製造販売している会社のようです Parrot Disco Parrotの新型ドローンは固定翼機です。これまでのParrotも進化をしているようですし、新たなジャンルを開拓しています。 Dobby 個人的に注目しています。199gと超軽量の折りたたみ式でセルフィーモードがついています。値段も400ドル近辺と入門には手の届く価格です。 Xiami Mi Drone 携帯電話のシャオミが発売するドローン。なんとなくDJIのPhamtomと似ているように思いますがこの形は少し型遅れでは? Teal Drone 最後はTeal Drone。会社のサイトを見た所「世界最速のドローン」とうたっていました。 まとめ 相対的に価格も1000ドルから1500ドルと昨年に比べて同一性能で500ドル程度安くなってきています。ドローンはまだだま技術的な改善の余地が多く、プロモーションビデオで流されているようなスムーズで安定した操作はまだ難しいのが本当のところです。しかしこの分野の技術革新は早いですから2、3年もすると本当に誰でも簡単に飛ばせるドローンが出て来ると思います。  

More »