ベトナム経済

ベトナムの11桁携帯電話番号は変更されてどう変わったのか

ベトナムの携帯電話番号のうち、11桁の番号は2018年9月15日から10桁に変更されました。11月15日まで60日間は旧番号も利用できるので、現時点であまり混乱は起きていませんが、11月15日公は電話が繋がらないなどの問題が起こると予想されます。
旧電話番号と新電話番号がどのように変わったのかを調べました。

More »

ベトナムの企業信用調査会社VIRAC

今日たまたまCEOとお話をする機会があったのでベトナムの企業信用調査会社を紹介します。 日本で言えば東京商工リサーチ(TSR)や帝国データバンクのような会社ですが、経営者が長く海外企業に勤めていたとのことで、お話の内容から信用できると思いました。 ローカルの企業とつき合うときは、提出された会社概要や業務レポートと合わせて第3者機関の情報と突き合わせをする必要がありますが、そのような状況では使えるのではないでしょうか。 会社概要の写しをアップしますのでご興味のある方は連絡を取ってみてください。 Email: huevt@virac.com.vn Phone: 028 6680 8523 Home Page

More »

サイゴン港の都市計画図がすごいことになっている>Saigon’s Historic D4 Riverfront Is Getting a Massive Makeover in 2018 – Saigoneer

Saigoneerに掲載されているサイゴン港の開発予想図ですが、高層ビルが立ち並ぶ未来都市のようになっていますが、本当にこのような需要がベトナムにあるのかどうか心配です。4区との境に建設途中だったビルは工事がストップしてもう4−5年もたちますし、このような新都心を維持できるだけの需要がベトナム国内にあるとは思えません。 その他の画像は下のリンクから: 情報源: Saigon’s Historic D4 Riverfront Is Getting a Massive Makeover in 2018 – Saigoneer

More »

ホンダがGrabに出資。ドライバー教育とバイク安全運転を実施とのことだがGrabの質は低下している>Honda Invests in Grab, Promising Driver Education and Bike Safety – Saigoneer

情報源: Honda Invests in Grab, Promising Driver Education and Bike Safety – Saigoneer Saigoneerの記事によるとホンダがGrabに出資をするようです。 街中でもGrabBikeをよく見るようになりましたが、数が増えるにつれてドライバーの質が低下し始めているように思います。 昨日乗ったGrabBikeは、そんなに道路が混んでいるわけでもないのに反対車線を逆行、赤信号を無視というとんでもないバイクで、Grab星マーク1つとクレームをつけたところ、以下のような回答が戻ってきました。 Thank you for using Grab and spending time to

More »

11月4日からGrab BikeにPremiumが登場。今度試してみます!

いつもお世話になっているGrab Bikeにプレミアムサービスが登場しました。最初の2kmまでが20,000 VND、以後1km毎に7,000 VNDの課金ですが1区、3区、7区のみのサービスとして始まるようです。通常は12,000 VNDの初乗りが20,000なので少し高めです。 すでにGrabアプリにもGrab Bike Premiumの表示が出ています。

More »

ベトナムの第三四半期経済成長率は6.4%に低下。原因は干ばつと洪水>Vietnam’s economic growth slows to 6.4 pct y/y in Q3 2016

情報源: Vietnam’s economic growth slows to 6.4 pct y/y in Q3 2016   2015年の経済成長率が6.68%であったことに対して成長率はスローダウンしています。原因は中部の干ばつと南部の洪水など気象変動によるものが大きかったようです。さらにTPPの締結延期も大きな影を落としています。

More »

インテルベトナムが従業員の3分の2を解雇>Intel Vietnam to lay off sales head, two-thirds of employees in massive restructure

情報源: Intel Vietnam to lay off sales head, two-thirds of employees in massive restructure   知人がインテル・ベトナムに努めていて、週休3日制で待遇も良いのを羨ましく思っていましたが、全世界レベルでのリストラの結果、ベトナムは営業のヘッドを始めとして全社員の3分の2が解雇となったようです。

More »

ベトナムのカップ麺も質が高くなって来ています>かやく入りは充実のアピール ベトナムのカップ麺事情:朝日新聞デジタル

 エースコックベトナムの梶原潤一社長は朝日新聞のインタビューで、米麺の欧米などへの輸出を強化し、今後3年で売上高に占める輸出の割合を全体の2割に高める方針を示した。主なやりとりは次の通り。 ――199 情報源: かやく入りは充実のアピール ベトナムのカップ麺事情:朝日新聞デジタル

More »

日系共同企業体がベンタン市場から市民劇場間のショッピングセンターを開発:Japanese Consortium to Build Shopping Center Underneath Ben Thanh Market – Saigoneer

情報源: Japanese Consortium to Build Shopping Center Underneath Ben Thanh Market – Saigoneer 東神開発、日建設計、大阪地下街の3社共同事業体で、2019年に着工、2024年に完成の予定だそうです。700メートルにわたって幅60mの地下街が計画されています。 この部分が地下街になればサイゴンの中心部はいっきに一大ショッピング街になります。 今から楽しみです。  

More »

GrabのポケモンGO便乗商法(笑)Grab Bikeに乗ってポケモンGOハンティングに出かけると30,000 VNDのプロモーションコードがもらえる

Grab(東南アジアで広がっているUber類似サービス)とポケモンGOが何の関係もないことは明らかなのですが、8月7日から21日までGrab Bikeを利用してポケモンハンティングに出かけると30,000 VNDのディスカウントプロモーションがもらえるらしいです。 商魂たくましいというか、日系企業も見習うべきです。 My grabbers, Extreme Hot news of the day, Pokemon Go finally to Vietnam !!! Congratulations to “frantic Assembly Pokemon” and you’ve

More »

TESLAが10年ぶりのマスタープランを発表。自動運転化とカーシェアリングでサイゴンの街は大きく変わる

新マスタープラン発表「タダでテスラに乗れる」世界の実現へ テスラの10年マスタープラン テスラのイーロン・マスクがブログでこの先10年間のマスタープラン2を発表しました。10年前の2006年に発表したマスタープラン1はほぼ実現されつつあります。 高額になるのは避けられない、少量生産車を作る その売上でより低価格な中量生産車を作る その売上でさらに低価格な大量生産車を作る そして… ソーラーエネルギーを提供する。これは冗談ではなく、テスラのウェブサイトに10年前から書かれています。 そして先月発表されたマスタープラン2の骨子は以下のようになっています: エネルギー生産と貯蔵を統合する 一人ひとりが自分の電気を作れるようにし、それを世界規模で展開します。 地上の輸送手段の主な形を網羅するために事業を拡大する モデル3と次のコンパクトSUV、そして新しいタイプのピックアップ トラックを販売することで消費者市場の大部分をカバーできるようになります。 自動化 私たちはワールドワイドで自動運転が法的に認められるまでに100億km単位の実績が必要になると予測しています。現在は世界中の車両を合わせて、1日で500万km程の走行実績を積んでいます。 カーシェアリング 完全自動運転が法的に認められれば、どこからでもテスラ車を”サモン”で呼び出しできるようになります。一旦乗り込めば後は目的地に到着するまで眠ったり、本を読んだりすることができます。 自動運転社会が実現するとどう変化するのか? テスラが提唱する自動運転化&カーシェアリング社会はインターネットの誕生に匹敵する革命を社会の起こすはずです。 ベトナムに暮らしているとよく分かりますが、現在進行中の社会変化は「誰もがインターネットに接続し情報格差がなくなった」ことに起因します。 7年前はまだベトナムでインターネットに接続できるのはごく限られた人々でした。今では地方都市の子供までがiPadを使ってインターネットに接続しています。 これにより地域格差が狭まり、流動化が進み、情報が富を生み出すようになっています。ベトナムはすでに中進国といえますが、発展途上の国々ではこのような社会変化は先進国以上に急速な社会変化を招きます。 テスラの提唱する自動運転化が進むと、人々は情報格差の解消に加えて、移動の自由を手に入れることができるようになります。これは鉄道や高速道路網など社会インフラが発展途上のベトナムのような国では強烈なインパクトとなるはずです。 サイゴンは自動運転に最適の街

More »