ZapierがMulti-Step Zapに対応。ひとつのトリガーで複数のAPIを起動することが可能に。

Zapierは異なるWEBサービスをAPIで接続するゲートウェイですが、これまでA→BのようにAサービスのアクションに対してBが動作するという1対1にしか対応していませんでした。

今回、Multi-Step Zap機能がついたことで、A→B→C→Dのような複数サービスの自動化が可能になりました。

例えば

WooCommerceから新規受注→Insightlyに新規顧客を登録→Xeroにアカウントを作成→Xeroにインボイスを作成→受注情報をGoogle Sheetsに新規レコードとして登録

のようにひとつのトリガーで複数のサービスが自動化できることになります。ますます便利になります。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket

Leave a Reply