Airtableがグラフ表示や地図表示できるアドオンBlocks(ブロック)を発表

オンライン汎用データベースとして進化を続けるAirtableですが、本日、Airtableのデータベースをグラフ表示したり、Google Mapsで表示できるアドオンBlocks(ブロック)が発表になりました。

Blocksとは

BlocksとはAirtableのアドオン機能です。Airtableの右上にあるBlocksをクリックするとブロックを表示させるためのサイドバーが表示されます。

ADD a blockボタンをクリックすると、様々なブロックが表示されます。

Blocksでできること

今日発表されたブロックでできることを紹介します。

Summary

レコーとのトータル件数をサマリー表示

Pivot table

Excelのようなピボットテーブルを表示

Search

テーブル全体を検索するサーチ機能。ビューを切り替えなくても検索ができるようになるので便利です。

CSV import

CSV形式のファイルインポート

Timeline

ガントチャートのような形でスケジュールを表示してくれます。

Org chart

組織図を作成

Chime

ビューにレコードとが追加、削除された時に通知を表示してくれます。

Time tracker

タスクにかかった時間を計測してくれます。

Batch update

複数のレコードを一括でアップデートします。納期を一括で変更したり、プロジェクト名を一括変更するなどの用途に使えます。

Translate

Google Translate APIを利用してAirtableの翻訳を行います。

 

 

3D Space

Airtableデータベース内で3Dモデリングを行うことができます。

Clearbit

Cleabit APIと連動してリード生成にデータを付与することができるようになります。

World clock

世界時計

Vision

Google Visionとの連携

Map

Airtableの住所フィールドを読み込んでGoogle Mapsを表示します。

Chart

Airtableの数値を元に様々なグラフを表示することが可能になりました。

Page designer

Airtableのフィールドをベースに帳票を設計し、PDFで出力をすることができるようになりました。これで見積書や請求書もバッチリです。

Record list

Airtableのビューをレコードリストとして表示してくれます。データベース本体から、重要なレコードだけを抽出して表示する時などに使うようです。

Contact import

コンタクトのインポート

Calendar import

カレンダーのインポート

XML import

XMLファイルのインポート

Description

データベースの詳細説明やアクションリストの表示など。

 

 

Color palette

カラーパレット表示

Google Hangouts

Google Hangout機能の追加

appear.in

appear.inビデオチャット機能の追加

まとめ

今回ブロック機能が追加されたことで、グラフ表示や帳票表示など、これまでAirtableでできなかったことがAirtable内で実現することができるようになりました。特に注目しているのはグラフ表示のChart、帳票設計のPage designer、Googleマップ連携のMapです。これらの機能が加わったことでAirtableを本格的な業務に利用することが可能になりました。またBlockは外部アドオン形式なので、今後、機能の追加が行われていくものと思われます。

尚、ブロックは3/31までテスト利用できますが、以降はプレミアムユーザーのみの機能となります。

 

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket

Leave a Reply