本日発表。Apple Watchアプリはネイティブ化。初代Apple Watchのサポートは打ち切り。

Apple Watchで使用できるアプリは、これまでiPhone側にアプリが存在することが前提でしたが、本日、AppleはApple Watchネイティブアプリへの移行をアナウンスしました。またこれに伴い、来年4月1日を以って初代Apple Watchのサポートは打ち切りになります。

Take advantage of increased performance, new background modes for navigation and audio recording, built-in altimeter capabilities, direct connections to accessories with Core Bluetooth, and more. In addition, the size limit of a watchOS app bundle has increased from 50 MB to 75 MB.

パフォーマンスの向上、ナビやオーディオレコーディングなどのバックグラウンド動作モード、ビルトイン高度計、コアブルートゥースへのダイレクト接続などが利用できるようになります。またWatch OSアプリのサイズ上限は50MBから75MBに拡大されます。

ネイティブ化への移行は来年の4月とのことです。

Please note that starting April 1, 2018, updates to watchOS 1 apps will no longer be accepted. Updates must be native apps built with the watchOS 2 SDK or later. New watchOS apps should be built with the watchOS 4 SDK or later.

2018年4月1日よりwatch OS1アプリへのアップデートは打ち切られ、アップデートはwatchOS 2 SDK移行のネイティブアプリが対象となります。新規のWatch OS アプリはwatch OS 4 SDK移行での開発が必須です。

現在も初代Apple Watchを使用していますが、とうとう買い替え時期がやってきたようです。

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket

Leave a Reply