MacOS Sierraを導入したがApple Watchでのアンロック、ユニバーサルクリップボードの目玉機能が動作しないなどの問題が発生。解決策は・・・

本日Mac OS Sierraの無料アップグレードが始まりました。早速ダウンロードしてインストールしましたが、目玉機能のユニバーサルクリップボード、Apple Watchでのアンロックがそのままでは動作せず、いろいろ調べてなんとか動作するようになりました。

Apple Watchでのアンロック機能

Apple Watchユーザーとしては自動的にMacがアンロックするアンロック機能は目玉機能です。

動作させるにはシステム環境設定>セキュリティとプライバシー>一般で

Apple WatchでこのMacを解除できるようにする

にチェックマークを入れなければなりません。

ところが私のMacではこの項目が表示されませんでした。いろいろ調べてみたところ、

  • Apple IDを2ファクタ認証で登録すること
  • Apple WatchがiCloudのマイデバイスとして登録されていること

の2要件を満たしていないとApple Watchからの解除は動作しません。MacとApple Watchを再度Apple IDのデバイスとして再登録することで動くようになりました。

アンロックはスリープ状態を解除する機能ではなく、Macのディスプレイを開く時に動くようですが、1日2回は必ずパスワード入力をしていたことから解放されました。

ユニバーサルクリップボード

ユニバーサルクリップボードに関しては特に設定する画面はないようです。MacおよびiPhoneが正しく2段階ファクタ認証をしたApple IDに登録されていると動作します。上の理由でデバイスが正しくApple IDに登録されていなかったため、当初は機能が動きませんでしたが、デバイスを再登録することで動くようになりました。

MacでテキストをコピーしたものがiPhoneにシームレスにペーストできるのはちょっと感動ものです。これまではクリップボードユーティリティをいろいろ使っていましたが、OSレベルでのコピー&ペーストはなかなか使い勝手が良いです。

KarabinerはSierraに未対応

これまでひらがなと英字の切り替えはKarabinerを使ってコマンドキー1回押し下げで作動させていたのですが、残念ながらKarabinerはSierraに未対応です。

Karabiner-Elementsとして開発中

とのことですのでアップデートを待ちたいと思います。

ピクチャ・イン・ピクチャ機能はまだこれから

こちらも目玉機能の映像だけを画面のトップ画面に配置できるピクチャ・イン・ピクチャ機能ですが、まだVimeoだけの対応のようです。YouTubeはまだ未対応のようなので、YouTubeでピクチャ・イン・ピクチャ機能を使いたい方は

YouTube Picture in Picture (Beta)

などを使った方が良いかもしれません。

Adobe Illustrator CS6は以前のJava SE6ランタイムがないと起動しなくなる

詳しい情報をクリックした先に旧バージョンのJava SE6ランタイムがありますので、ダウンロードしてインストールすると問題なくCS6は動くようです。

まとめ

概ね問題なく新OSでも期待した動作ができるようです。Karabiner未対応が少し

残念で日本語入力の効率が少し落ちますが、しばらくは慣れるしかないかと思います。今回のOSは全体的にどこが新しくなったのか表面的には分からないほどの変化ですが、見えないところで多くの改善が見られます。アップデートで得られるメリットは大きいと思います。

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket