Fluidとは

FluidはGmailやGoogleマップなどWEBアプリを、ブラウザ経由ではなくMacアプリとしての使用を可能にするアプリです。ブラウザのタブをあまり開きたくない場合や、Mac単独で使用したい場合に便利なアプリです。ダウンロードはこちらからできます。

GoogleマップをFluid化したい

Chromeで主に使用しているのは会社で利用しているGoogle Appsのアカウントですが、iPhoneでは個人のGmailアカウントを設定しています。
iPhone上のGoogleマップで設定したブックマークをMac上でも利用したい、もしくはその逆の場合もあるのですが、その度にブラウザの設定アカウントを会社から個人のものに切り替えなければならず不便な思いをしていました。
Fluidを使えば、ブラウザはGoogle Appsのアカウントのまま、Fluid上は個人のGoogleアカウントを利用することができるので、ブラウザ切り替えの手間が省けます。

FluidでGoogle Mapsを設定してみた。

  • ブラウザでGoogle Mapsを開き、適当な位置(私は自宅)を中心になるようにマップを表示させます。
  • URLをコピーし、FluidのURLにペーストします。
  • 名前はGoogle Maps (お好み)
  • Locationはアプリを保存する場所
  • Iconは好みでGoogle Mapsのアイコンを設定

Fluid

起動したら問題発生!!

アプリフォルダから先ほど作成したGoogle Mapsアプリ(Fluid)をダブルクリックして起動します。
最初にGoogleアカウントの入力を求められ、次にパスワードの入力が求められます。
ここで問題発生。
パスワードを入力してリターンキーを押すとブラウザが立ち上がってしまい、Fluidでの起動ができなくなってしまいます。

解決策

  • FluidのメニューからPreferenceを選択します。
  • Panelsをクリック
  • Nextボタンを11回押し、Whitelist Preferenceを開きます。
  • Patternに以下を打ち込む
    accounts.google.com/ServiceLoginAuth

これでGoogleアカウント入力時にブラウザではなくFluid側でログインができるようになります。

Whitelist_Preferences

Tags:

メッセージ

すぐにお返事はできませんが全てのメールには目を通しています。

Sending

©2017 etsunan.com

Log in with your credentials

Forgot your details?