ピコ太郎のPen Pineapple Apple Penはなぜ世界的にヒットしたのか?そして新曲はヒットするのか?

maxresdefault

答えは単純

英語だからです。

もちろん子供にも分かりやすい歌詞、シンプルで頭に残りやすいメロディとフレーズなどがうまくツボにはまったからです。

 

世界のYouTuber

list_of_the_most_subscribed_users_on_youtube_-_wikipedia

最近YouTuberのフォロワー数に興味があって調べてみたところ、世界第1位はPewDiePieの4,900万人、10位でも約2,000万人のフォロワーを獲得しています。

ひるがえって日本のYouTuberのフォロワー数をYouTubeランキングで調べたところ、11月6日現在で

  1. はじめしゃちょー 423万人
  2. Hikakin TV 348万人
  3. avex 305万人
  4. Hikakin Games 238万人
  5. 木下ゆうか 229万人
  6. Sekin TV 195万人
  7. Hikakin 184万人
  8. Goose House 183万人
  9. Hey It’s Mosogourmet 178l万人
  10. AKB48 164万人

(千人以下切り捨て)

という状況です。

list_of_the_most_subscribed_users_on_youtube_-_wikipedia

国別ランキングで見てみると必ずしも先進国のフォロワーが多いわけではなくて、上位はスエーデン、チリ、カナダとなっています。残念ながら日本のYouTuberはランク入りしていません。

ちなみにダントツNo.1のPew Die Pieの動画がこちら

[fve]https://www.youtube.com/watch?v=gRyPjRrjS34[/fve]

この動画だけで約7,500万回の再生を誇っています。圧倒的に英語圏の力が強いのがYouTubeの世界だと言えるでしょう。

ピコ太郎の新曲はヒットするのか?

ピコ太郎の新曲「NEO SUNGLASSES(ネオ・サングラス)/PIKOTARO(ピコ太郎)」は10月6日に公開されてからすでに1,100万回の再生があります。

[fve]https://www.youtube.com/watch?v=B6FFfEP-y4E[/fve]

しかし残念なことにこの動画は日本語が歌詞です。おそらく英語圏の視聴者、特に子供達には伝わらないのではないかと思います。せっかくならPPAP以降すべて英語でパフォーマンスをして欲しかったと思います。変な英語、和製英語でも十分です。別に視聴者はネイティブだけではなくベトナム人やネパール人やアフリカ人だっているわけですから「日本語」にした瞬間に世界を狭めてしまっていると思います。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket