WordPressでGoogle関連のサービスを一元管理できるプラグイン「Google Site Kit」

WordPress上でGoogle関連のサービスを一元管理できるSite Kit by Googleを導入しました。

Site Kit by GoogleはGoogle関連の以下のサービスに対応しています。

  • Google Search Console
  • AdSense
  • PageSpeed Insights
  • Google Analytics

これまでWordPressとGoogle関連サービスを接続するためにはAPIを取得したり、手作業でセットアップをしたりしなkればなりませんでしたが、Google Site Kitを使えばGoogle側にWordPressサイトを認証させるだけで、一発でサービスとつながります。

導入

下記URLよりプラグインを導入し、起動してスクリーンの指示に従ってAllowボタンを押していくだけです。

プラグインをインストールして起動するとセットアップが開始されます。

Googleのアカウントへログインし認証を開始。

Google Search Consoleへのアクセスを承認。

管理しているドメインとサイトリストへのアクセスを承認。

サイトのオーナーシップを承認。

Googleアカウントへのアクセスを承認。

Search Consoleのセットアップ。

設定完了。

ダッシュボード

ダッシュボード

ダッシュボードではトラフィック、検索経路、人気コンテンツ一覧、ページスピード、Google Adsenseの収益などが表示されます。日常の確認はダッシュボードで必要十分でしょう。

Search Console

Google検索でのキーワード一覧と検索回数が表示されます。

AdSense

AdSenseでの収益推移が表示されます。

Analytics

Google Analyticsの実績推移が表示されます。

まとめ

サイトを運営しているのであればGoogleサービスの利用は必須ですが、これまでは各サービスごとにサイトの接続と認証が必要であったのが、プラグイン1本でまとめて接続できるようになりました。

またUIも非常にわかりやすく、同じ画面から複数のGoogleサービスにアクセスできるのは便利です。

WordPressを運用されている方であれば、導入しても損がないプラグインです。またこれまで導入していたMonster InsightsなどのGoogle関連プラグインも、導入する必要がなくなり、プラグインの本数を減らすことも可能となりました。

関連記事

Leave a Reply

最近の投稿