WordPressのPostをLive BlogにするWEBサービスとプラグイン

先日、ムイネーからホーチミンまで徒歩で旅行をした時、WordPressを使ってライブ配信のようなことをやってみたいと思い、ライブブログを実現できるWEBサービスとプラグインを試してみましたのでレポートします。

24LIVEBLOG (WEBサービス)

24LIVEBLOGはライブブログを実現するためのWEBサービスです。10万ページビュー1Gまでフリーバージョンで利用できるので、個人的なライブブログであれば無料版でOKでしょう。

アプリそのものは非常に良くできていて、文章の入力はもちろんのこと、画像や動画、アンケートやスライドショーなど様々なコンテンツに対応しています。

同じ機能がiPhoneアプリでも使えます。私の場合は非力なiPhone 6sであるためかもしれませんが、日本語入力の途中でアプリが落ちてしまうことがあり、少々不安定な印象です。

また複数のメンバーでの更新にも対応しているため、何人かのレポーターがレポートするイベントなどには向いていると思います。

印象としてはライブブログをビジネスとしてやる会社、例えば報道機関やイベント会社などに向けたサービスであるように思います。

Liveblog (プラグイン)

こちらは一気に規模が小さくなって、WordPress用のプラグインです。ちなみに本家Wordpress.comが開発元です。

プラグインを導入すると、Postの下部にLive Blogタブが表示されます。
このタブからEnableをクリックすると、WordPressのPostの下部にLiveblogを表示させることができます。

WordPressのPost本文にエントリーされるわけではなく、あくまでもPostの下部にLiveblogが表示されるだけなので、ごく限定的な機能であると言えるでしょう。

まとめ 結局TwitterをEmbedした方が早くないか?

WordPressにはTwitterのタイムラインをエンベッドするプラグインが多数公開されています。
当初はWordPress内でLiveblogを実現させようとしましたが、結果的にはTwitterの方が拡散しやすいですし、アプリも豊富で安定しているので外出先からの更新も簡単です。
LiveBlogそのものを否定するわけではありませんが、より多くの人に見てもらう情報を簡単に発信するという点ではTwitterをWordPressにエンベッドすると言う方法がベストのソリューションではないかと思います。

関連記事

Leave a Reply

最近の投稿