2016年1月は多くのベトナム企業が倒産。成長するベトナム市場でなぜ国民は豊かになれないのか。:Vietnam businesses start 2016 with heavy shutdowns | Business | Thanh Nien Daily

Vietnam businesses start 2016 with heavy shutdowns

情報源: Vietnam businesses start 2016 with heavy shutdowns | Business | Thanh Nien Daily

統計局によると1月の統計では12,456の企業が事業を停止し、この数は2015年の27.5%増にも上ることが明らかになった。

エコノミストのPham Chi Lanは、政府は2015年は6.68%の成長だというがこれは中小企業が直面する困難を前には意味をなさないと述べた。

これらの企業の多くは2016年を生き残ることはできないだろう。

前貿易相のTrung Dinh Tuyenも国内企業はこの国の経済成長を前進させる力にはなりえず、昨年の例外的な成長は海外投資によるものであり、その額は全産業の50%、輸出額の70%にも達していると語る。

Chiはベトナムの私企業は大きな重圧の下に事業を行っており、さらに政府はその利益から40.8%もの税金を徴収している。そのため再投資や開発、教育に回す資金がなくなっている。

このような重圧には生き残っていくことができない。Chiはさらに政府は燃料価格を人為的に高値に設定することによってますます企業を圧迫していると述べた。

経営マネジメント中央研究所ディレクターのNguyen Dinh Cungはベトナムのマクロ経済管理を変革しなければならない。国営企業がチャンスを独占し私企業が機会を失っていると述べる。さらに、ベトナムは国営企業の民営化を進めているが少数のステークホルダーに株を譲渡するのではなく、完全民営化に向けて行動を起こさねばならないと述べた。

ベトナムで事業を行っていて感じるのはまさに統計上は高度成長を続けているのに一般国民は少しも豊かになれないということです。エコノミストの意見はまさにその原因を言いえていると思います。

 

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket

Leave a Reply