【海外トラブル】Amazon FireTV Stickを初期化したら半文鎮化してしまった

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自宅でくつろいでいる時はリビングの大画面TVでYouTubeやAmazon Primeビデオを見ながら過ごすのが日常となっています。
ここ数日、FireTV Stick 4KのWifi接続が不安定で、思い切って工場出荷状態に戻したところ、YouTubeアプリなど主要アプリがダウンロードできなくなり半文鎮化してしまいました。

VPN経由でもだめ

以前はVPN経由であればアプリのダウンロードができたのですが、今回も同じようにやれば大丈夫だろうとタカを括っていたところ、VPN経由であっても「ご購入を試みている製品に地理的な制約があるため、ご注文を処理することができません。」のメッセージが出てきてYouTubeアプリをダウンロードをすることができません。

PC、Android端末、iPhoneすべてVPN経由でトライしてみましたが、ダウンロード不可です。

なぜか有料アプリはダウンロードできる

試しに305円の有料アプリであるAirPlay&UPnPを購入してみたところ、こちらは問題なく購入・ダウンロードすることができました。

しかし、使用したいのはYouTubeの公式アプリ(無料)やDownloader(無料)などで、これらは日本国内からアクセスしないとダウンロードできない状況となってしまいました。

必要なツールが落とせないのでFire TV StickのVPN化もできない

Downloaderなど設定に必要なツールがダウンロードできないということは、Fire TV StickのVPN化に必要なアプリも落とせません。
そうなると、今、FireTV StickでできることはSilkブラウザでのインターネット閲覧、Amazonプライムビデオのうち海外でも視聴可能な番組の閲覧くらいしかできなくなってしまいます。
使い勝手も使用範囲も大幅に制限された使い方になってしまいショックです。

今のところ解決策はなし

FireTV Stickはネットワーク接続型の機器なので、ローカルでSDカードを経由してインストールするなどの方法はありません。
もしかするとLANに接続した状態でファイル転送を行う方法があるかもしれませんが、今のところ具体的な解決策は見つかっておりません。
日曜日の午後を半日潰して、色々と設定してみましたが全て全滅。かなり不自由な状態になってしまい、半鬱状態です。

関連記事

Leave a Reply

最近の投稿