オリンパス M.Zuiko 広角ズーム 14-42mm F-3.5-5.6が壊れた

昨日、キャンプに行った際にカメラを用心のためバックパックの上蓋内に入れておいたのですが、いざ使おうとするとレンズの鏡胴が途中で出なくなってしまいました。

このレンズは14-42mmと広角から望遠までズームできる点、パンケーキでコンパクトな点、キットレンズなのにそこそこ写りが良い点などで気に入っていました。

特に私のようにキャンプや長距離ウォーキングなどアウトドアでの使用が多い場合は、軽量化とコンパクト化が重要です。このレンズはそんなニーズを満たしてくれていましたが、ネットでは複雑な機構をこのサイズに収めているために壊れやすいという評価です。

私も薄々いつかは壊れるのではないかと危惧しながら使っていましたが、購入1年半にしてとうとうその日がやってきました。

可能であれば修理をしたいのですが、ベトナムではどこで修理できるかわかりません。オリンパスはベトナム製ですが、ベトナム国内ではマイナーなカメラブランドなのでサービス体制が不十分なのが頭の痛いところです。妙なところで直すよりは新品を買ったほうが安いかもしれませんが、またいつ壊れるかビクビクしながら使うのも嫌なので、もうこのレンズは卒業しようかと思っています。

関連記事

One Response

Leave a Reply

現在142人がこのページを見ています(ウソ)

最近の投稿