タンヒェプファット社のボトルにハエ混入した件で論議が起こる:Vietnam’s Tan Hiep Phat hit by fresh fly-in-bottle dispute

Vietnam’s Tan Hiep Phat hit by fresh fly-in-bottle dispute

情報源: Vietnam’s Tan Hiep Phat hit by fresh fly-in-bottle dispute

ベトナムの清涼飲料水メーカー、タンヒェップファット社のエナジー飲料にハエが入っていた件で議論がわき起こっている

昨年12月31日、ゲアン省のチャンヴァンフンはNo 1のボトルを買った時に変なものが中に入っているのを見つけた。物体はハエのように見えたとトイチェー紙の記者は伝えている。

この清涼飲料水は昨年10月9日に製造されていたもので、ビンズン省に本社があるタンヒェップファット社の直ちにコメントを出した。

広報によると、製造後、3ヶ月半以上もハエが完全な形で残っていることは不可能であり、合成保存料を使ってないためこのようなハエが残っていることは非合理的だと述べた。また社はまだこの飲料が開封されたものかどうか知らされていないが、このような商品が見つかることに関しては残念に思うと伝えた。

タンヒェップファット社の販売マネジャーがフンの元を訪ね、Number 1のボトルの引き取りと250,000VND($12)分の代替商品、アイスタンク、バイクヘルメットを持参した。

しかしフンは受け取りを拒否し、消費者保護組織への報告を主張した。

フンはトイチェー紙にに対して、自分は金を欲しいとは思っていない。ただタンヒエップファット社がこれまでもこのような形で商品を買い戻すことをしたのかどうか知りたかったと述べている。

2014年、ティエンジャン省のボーヴァンミンという男が同じようにNumber 1のボトルにハエを見つけ、$23,300をタンヒエップファット社から受け取ることにした。

会社は要求に応じたが、同時に警察にも通報し、ミンは脅迫罪で逮捕され、会社を脅迫し社会に害を与えた罪で昨年12月17日に7年の懲役判決を受けた。

タンヒエップファットが勝訴した後、企業が消費者をこのように扱うことに対して大きな反論が沸き起こった。インターネットを通じてタンヒエップファットの不買運動が起こっており、タンヒェップ社は8929万ドルの損害となっていることを認めている。

 

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket