日本の新元号「令和」発表はベトナムでどう報道されたのか

今日は午前9時(日本時間の午前11時)ごろから仕事そっちのけでネット中継に釘付けでした。菅官房長官が「新元号は令和です」と色紙を掲げた時は、思わずグッときてしまいました。

ベトナムでも新元号は国際ニュースのトップ扱いとなっており、世間の関心も高いようです。

Tuoi Tre

‘Lệnh Hòa’ là niên hiệu vương triều mới của Nhật Bản từ 1–5

ベトナムで最も読まれているTuoi Tre新聞のサイトでは「令和が5月1日から日本で始まる新時代の呼び名」というタイトルで記事が掲載されています。「令和」を早速’Lệnh Hòa’とベトナム語訳されているのが注目です。かつてはベトナムも元号を使っていたので、伝統的に理解されやすいかもしれません。

関連記事では皇太子様に関する紹介も行われています。

Tân Nhật hoàng Naruhito sẽ ‘hiện đại hoá’ truyền thống hoàng gia?

新天皇徳仁は皇室の伝統を現代化するのか?

VN Express

ネットニュース最大手のVN Expressでも国際面のトップ扱いです。記事はあまり当たり障りなく事実のみを淡々と伝えていると思ったら、Japan Exprssからの引用記事でした。

今日のベトナム国内の最大関心事は金正男暗殺容疑のドアン・ティ・フオン被告

死刑の可能性もあった殺人罪ではなく、検察側の提案で禁錮3年4ヶ月に減刑されたということがトップニュースでした。極刑を免れることができてホッとしたのではないでしょうか。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket

Leave a Reply