ベトナムで無料求人広告を出す方法

ベトナムで会社経営をする上で頭が痛いのが採用です。主な求人・採用方法としては人材コンサル会社に依頼する、有料求人広告を出すという方法があります。

人材コンサル会社に依頼をすると条件にあった人材を探して紹介してくれますが、月給の2ヶ月分または年収の20%が報酬としてかかってしまいます。最近は新卒のデベロッパーでも500USD程度かかりますから、ローカルのIT技術者を採用するのに1,000ドル程度の出費を覚悟しなければなりません。試用期間である2ヶ月間に見極めることができればよいのですが、半年程度で他の条件の良い会社に移られたら目も当てられません。

もうひとつは有料求人広告に出稿し、求人情報を得るという方法です。この場合ですと、例えば経理担当者であればうまく行けば100人近い応募があります。ただし100人の中から(当てにならない)履歴書を読んで選別し、インタビューをし、やっとのことで採用しても、実際に仕事をさせてみると期待した人材ではなかったということもあります。

経験上、人材コンサル会社を使っても、有料求人サイトを使っても結果的にはあまり差がないように思います。1年、2年と時間をかけて社員とどういう関係を築くことができるかが問題であって、表面的な能力や人当たりはあまりあてにならないように思います。

少しまえのことですが、複数の成功したベトナム人経営者に採用はどのようにやっているのかをたずねたところ、紹介や縁故採用と同じくらい無料求人サイトを使っているという話を聞きました。以来わが社でも「無料求人サイト」を利用するようにしています。結果的に良い人材に会えるかどうかは運次第というところがあって、幸い、弊社でも無料サイトを使って採用したスタッフが中心メンバーになってくれています。

無料求人サイトに出稿する場合はスタッフに依頼をしてベトナム語で広告を出しても良いのですが、わが社では英語で求人をかけています。ある程度英語(または日本語)が分かるスタッフでないと、使い物にならないからです。

以下にベトナムでよく見られている無料求人サイトを紹介します。良い人材を見つけたいが予算がない、あまりお金は掛けられないという場合は試してみてはいかがでしょうか。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket