少しでも品質を上げるために現場を見る必要がある

印刷物の刷りだしチェックのために印刷工場にきています。これは印刷が意図した色で印刷されているか、版ずれはないか、用紙は間違っていないかなどを確認するためのものです。

正直、外国人の自分が現場に行っても、出来ることはあまりないのですが、わざわざ責任者が出張することで工場現場のスタッフの緊張感も変わって来ますし、百聞は一見にしかずで、自分の目で見れば稀にとんでもないことが起こっていたりして、事故を未然に防ぐこともあります。

ベトナムでは印刷業は依然、許可制であり、外資系の印刷会社が自由に印刷業に参入できるわけではありません。刷ってやるという態度の会社も少なくありませんが、現場に顔を出すことで少しでも品質向上ができればと思います。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket

Leave a Reply