#Eye-fi の旧モデルのサポートが終了するのでEye-fi X2 Utilityをダウンロードした

brand_logo旧型のEye-fiは2016年9月15日以降使用できなくなります

Eye-fiは旧モデルのサポート打ち切りと使用停止をアナンスしています。対象モデルは以下の通り

  • オリジナルpre-X2の全製品 (オリジナル、ホーム、共有、探索、ビデオ共有、ビデオ探索、プロ)
  • 4GB Geo X2
  • 4GB Connect X2
  • 8GB Explore X2
  • 8GB Mobile X2
  • 8GB Pro X2
  • 16GB Pro X2
  • Visioneer X2
  • Sandisk X2
  • Eye-Fi Windows デスクトップソフトウェア (Eye-Fi センター)
  • Eye-Fi Mac デスクトップソフトウェア (Eye-Fi センター)
  • iOSのEye-Fi アプリ
  • AndroidのEye-Fi アプリ
  • Eye-Fi センターウェブアプリ (center.eye.fi)

一方的にサポート打ち切りというのはアメリカらしいというか、なんとも乱暴な話ですが、本日旧モデルのEye-fiをダイレクトモードで使用することができるEye-fi X2 Utilityがアナウンスされました。

Utilityのダウンロードとインストール

shote

送られてきた案内メールのリンクはリンク切れ(爆)でしたので、自力でダウンロードページを探してきました。ユーティリティのダウンロード先は以下のページです:

Download Eye-Fi X2 Utility

Mac版の場合はPKGファイルですので、ダブルクリックをしてインストールします。インストール前に現在起動中のEye-fi ユーティリティは終了してアンインストールする必要があります。

実際にインストールしてみた

eye-fi1

Eye-fi X2ユーティリティは常駐型アプリですので、メニューバーに常駐しています。

eye-fi2

Eye-fiカードとMacはダイレクトモードでの転送になります。転送速度は感覚的には以前と同程度だと思います。

以前のようにWifiを登録して転送する方式ではなくなったので、いちいちネットワークを切り替えるのは不便ですが、とりあえず旧型のEye-fiカードを破棄する必要はなくなったことは良かったと思います。

追記:Eye-fiは会社そのものが無くなるようです。

詳細はこちらから

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket