Macbook で「Bluetooth使用不可」が表示されたときに行った対応と最終結果

土曜日に休日出勤した後、カフェでMacbookを開いたらBluetoothが使えなくなってしまいました。メニューのBluetoothのアイコンが見たことがない形になっていて、クリックするとBluetooth使用不可と表示されてしまっています。結果的には修理をして直ったのですが、Bluetooth使用不可と表示されたときに行った処置をまとめました。

PRAMクリア

Macのハードウェア系の故障の場合はPRAMをクリアすることで直る場合が多いので、最初に試したのがPRAMクリアです。Macの電源をいったん落とし、「option」「command」「P」「R」の 4 つのキーを同時に押しながら電源をオンにします。20秒ほど押し続けるとMacが再起動し2回目の起動音が鳴ればPRAMクリアは完了です。

結果:PRAMクリアでもダメ

SMCリセット

次に行ったのがSMCリセット。「shift + control + option」キーを押しながら、電源ボタンを押します。これらのキーと電源ボタンを 10 秒間押し続けて再起動させます。

結果:SMCリセットでもダメ

Apple Hardwareテスト

いよいよハードウエアの故障ではないかと疑い、Apple Hardwareテストを行いました。再度電源を落として電源以外の全ての周辺機器を外し、電源ボタンを押した直後に「D」ボタンを長押しします。Apple Hardwareテストが開始されますが、特にハードウェアの問題ではありませんでした。

結果:Apple Hardwareテストでもダメ

Macbookの初期化とクリーンインストール

土曜日には問題が解決しなかったので、日曜日1日をつぶしてMacbookの初期化とクリーンインストールを実行しました。まずは⌘+Rキーを押しながらMacbookを起動し、ディスクユーティリティでMacを初期化。再度Mac OS X High Sierraをインターネット経由で5時間以上かけてインストールし直しました。しかしそれでもBluetooth使用不可が表示されたままです。

結果:OSのクリーンインストールでもダメ

最終的にショップに持ち込んで解決

Macbook Proの場合、BluetoothモジュールとWifiモジュールは同じ基盤に載っているらしいので、BluetoothがいかれるとWifiもダメになるはずなのですが、私のMacbookはBluetoothのみが作動していません。日本国内であればこの時点でGeniusバーに持ち込むことになるかと思いますが、私はサイゴンに住んでいるので、Appleオーソライズド修理業者のKTCに持ち込みました。

KTC ASP

55 Bùi Thị Xuân, Phường Phạm Ngũ Lão, Quận 1, Hồ Chí Minh, ベトナム
+84 839251262

月曜日の朝8時半から待つこと1時間、店員さんが戻ってきてBluetoothのケーブルが損傷していたことが判明しました。Bluetoothモジュールそのものは故障していなかったのでケーブルのみの交換ですが、Appleから正規品の在庫を取り寄せるのに2週間程度かかるということなので、たまたま在庫があった中古パーツで応急処置をしてもらい、Appleからパーツが到着したら再度修理をしてくれることになりました。費用はパーツと修理費込みで2,000,000 VND(約9,500円)です。

ベトナムでMacを修理にだすのは、店によってレベルの差が大きかったり、FPTのように馬鹿高い請求を出してくるところもあるので良い店を選ぶのが難しいのですが、今回のKTCの対応には満足しました。スタッフも英語が話せます。

とりあえずの応急処置ですがなにはともあれ現状復帰してホッとしました。

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket

Leave a Reply