ベトナムの女囚が死刑判決を逃れるために自分で妊娠:Female Prisoner Inseminates Herself to Avoid Death Sentence – Saigoneer

160923115541

情報源: Female Prisoner Inseminates Herself to Avoid Death Sentence – Saigoneer

2014年に麻薬運搬で逮捕されたNguyen Thi Hue(42歳)は死刑判決を逃れるため、自己受精をして妊娠した。Hueは2015年8月、同じ刑務所に服役する27歳の男性受刑者にプラスティックバッグを渡し、50,000,000 VNDを渡して性液を入手、自分の力で妊娠に成功した。

ベトナムの法律では36ヶ月以下の子供を持つ母親は死刑判決を免除されており、すでに死刑判決を受けている場合も終身刑に減刑される。

今回のケースは初めてのケースではなく、2007年にHoa Binh省で、女囚と男性囚人の性行を許可し、その結果、女性が妊娠をしたため死刑判決を逃れたという事案が起こり、看守たちが逮捕される事態になった。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pocket
Pocket

Leave a Reply