Amazonプライム「ラ・テンプランサ」視聴レビュー(ネタバレなし)

Amazonプライム「ラ・テンプランサ」シリーズ1を視聴しました。ネタバレを防ぐために内容には一切触れませんが、面白い本のページをめくるのがもったいないように各エピソードに引き込まれました。1日1話しか見ないようにしていましたが、週末、エピソード7からはとうとう我慢できずに一気見してしまいました。

ページをめくるのがもったいなくなるような感覚

久しぶりにストーリーに引き込まれるドラマでした。原作はマリーア・ドゥエニャスのThe Vineyardです。内容に触れずに何が面白いのかを説明するのは困難なので、騙されたと思ってエピソード1だけでも観てみてください。引き込まれること間違いなしです。

壮大なスケール

ストーリーは19世紀後半、舞台はスペイン、メキシコ、キューバ、スペインと壮大なスケールで描かれます。当時の衣装や街並みをロケとCGで再現し、そのクォリティの高さに圧倒されます。

美しい映像と高品質な音声

映像はもちろん4Kで、音楽・音声も非常に高音質です。大画面TVとオーディオセットに負けないコンテンツとなっています。

ヒスパニック系が主流に?

最近のAmazon Studioの傾向として、ヒスパニック系やアフリカンアメリカン系のストーリーが増えてきているように思います。これも時代の流れでしょうか。

まとめ

ネタバレなしにレビューをするのは本当に難しいのですが、文句なしに五つ星です。今回は英語+日本語字幕で観ましたが、オリジナルのスペイン語+日本語字幕でも観てみたいと思います。
さらにシーズン1はVPNなしに海外からも閲覧可能です。
ステイホーム中のホーチミン市ですが、自宅隔離のお供にどうぞ。

関連記事

Leave a Reply

最近の投稿