ベトナム社会

2021年?のサイゴンを舞台にしたPrudentialのCMが気になる

最近うちのオフィスでエレベーターの中で上映されているPrudentialのCMが気になったのでYouTubeでじっくり見てみました。 ちなみにこの動画は6月8日時点では公開後約1週間しかたっていませんが、250万回とかなりの再生回数になっています。 自動改札をひとりで入る少年。 カードには2021と書かれているのでたぶん2021年の近未来だと思います。 子供達に自分が探しているテディベアの絵を見せる少年。 到着する電車。この車両は実際はどこの国のものなのでしょうか。 通勤客にも尋ねています。あと数年したらネクタイにスーツ姿のベトナム人ビジネスマンを見るようになります。 妊婦に席をゆずる少年。 高層ビルが立ち並ぶサイゴンの街。左にPrudentialのビルが見えます。さすがにあと4年ではこの風景は見られないと思いますが、奥にファイナンシャルタワーが見えているので位置的にはNguyen Trai通りを西から東に向かって見ている感じです。 ベンタン駅に到着します。ここは地下駅になる予定です。看板も全てベトナム語ですが、奥の路線図はかなり盛ってあります。 路線図に探していたテティベアの張り紙が・・・。 最終的に探していたテディベアはストリートミュージシャンのギターケースに座っていました。 なぜこのCMが気になるかといえば、あと4年程度で子供が一人で電車に乗れる安全な社会がベトナムで実現されるのか違和感を感じるからです。わが社の前には小学校がありますが、登校時も下校時も両親やおじいさん、おばあさんがバイクで送り迎えに来て、子供ひとり、または子供同士が登下校する姿はみたことがありません。少し前に東京に戻った時に、小学校1、2年の子供が一人で電車に乗っているのを見て感動しましたが、このような社会がベトナムにも来るのでしょうか?他にも色々とツッコミどころの多い映像なのですが、こういう社会を実現したいと一人ひとりのベトナム人が思ってくれれば良いのではないかと思います。

More »

サイゴンの街路に無秩序が戻って来た>Doan Ngoc Hai barred from leading campaign; disorder returns to Saigon sidewalks

情報源: Doan Ngoc Hai barred from leading campaign; disorder returns to Saigon sidewalks 2ヶ月ほど前にブログで書いたサイゴンの路上占拠物が一斉撤去された件ですが、キャンペーンの旗振り役だったDoan Ngoc Hai氏が解任され、街の不法占拠物は以前に逆戻りになったというトゥオイチェ紙のニュースです。 まさに人治主義を地でいくような話で、ベトナムらしいなと思います。 このような法律には書かれていなくても地域住民や地域社会が協力して不法撤去や不法駐車を排除するといったことは日本の方が徹底していると思います。  

More »

ベトナムGoogleトレンド 2017/5/7

5月7日午後6時10分時点でベトナムで検索されているキーワードの一覧です。出典:Googleトレンド 1. エマニュエル・マクロン‬, ‪マリーヌ・ル・ペン‬, ‪2017年フランス大統領選挙‬, ‪フランス‬‬ フランス大統領選挙の投票が始まりました。ベトナムでも関心を持って見られています。フランスはベトナムにとって旧宗主国であり、フランスに移住したベトナム人も多いことが関心を持たれている理由かもしれません。 ‪‪2. デポルティーボ・アラベス‬, ‪ラ・リーガ‬‬ ‪‪3. FIFA U-20ワールドカップ‬, ‪ベトナム‬, ‪U-19 サッカーベトナム代表‬‬ 4. SSラツィオ, UCサンプドリア 2位から4位、8位はサッカーに関する話題 ‪‪5. アン・ジェヒョン‬, ‪キュヒョン‬, ‪ソン・ミンホ‬, ‪ハノイ‬‬

More »

サイゴン港の都市計画図がすごいことになっている>Saigon’s Historic D4 Riverfront Is Getting a Massive Makeover in 2018 – Saigoneer

Saigoneerに掲載されているサイゴン港の開発予想図ですが、高層ビルが立ち並ぶ未来都市のようになっていますが、本当にこのような需要がベトナムにあるのかどうか心配です。4区との境に建設途中だったビルは工事がストップしてもう4−5年もたちますし、このような新都心を維持できるだけの需要がベトナム国内にあるとは思えません。 その他の画像は下のリンクから: 情報源: Saigon’s Historic D4 Riverfront Is Getting a Massive Makeover in 2018 – Saigoneer

More »

ユナイテッド航空に引きずり降ろされたアジア人医師は、サイゴンの有名歌手Đào Duy Anhだった

連日話題になっているユナイテッド航空の乗客引きずり降ろし問題。先日被害者のアジア人医師がベトナム人であったことが判明しましたが、この医師というのがサイゴン陥落前の有名歌手Đào Duy Anhであることがわかりました。 Đào Duy Anh (David Dao)は1948年生まれの69歳。経歴ではサイゴン医科大学を卒業して南ベトナム政府軍の中尉を務め、歌手としても有名になりましたが、サイゴン陥落後は米国に亡命して医師となった人物です。 日本で言えばザ・フォーク・クルセダーズのメンバーで後に九州大学医学部の教授を務めた北山修のような方です。 Đào Duy Anhも北山修も1948年生まれの69歳。なんとも偶然を感じる話です。

More »