高温多湿のベトナムで瞬間接着剤を固まらせずに保存・保管するには?

ベトナムのコンビニに行けば売っている瞬間接着剤の502。日本だとアロンアルファが有名ですね。

ところがこの瞬間接着剤、開封してしばらく経つと中身が固まってしまって使えなくなってしまいます。特に高温多湿のベトナムではひと月ほどでダメになってしまいます。

開封した瞬間接着剤を長持ちさせるには空気に触れさせないことが重要です。

接着の仕組み

シアノアクリレートは一般にはモノマーの状態であり、水のような粘性の低い液体であるが、接着するものに付着しているほんのわずかな水分によってシアノアクリレートが瞬間的に重合を開始し、ポリマーとなって一瞬で接着される。汎用品も金属用品も主成分はシアノアクリレート100%と記されているが、実際には1%に満たない各種成分が添加されており、これが用途別の特性を生み出している[1][2]。

(Wikipediaから)

瞬間接着剤には水分は大敵!とにかく空気に触れさせないようにするには、上の写真のようにジッパー付きの袋に入れ、中に乾燥剤を入れておくのが良いです。そのまま冷蔵庫に入れておけば大体OKです。

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket

Leave a Reply