ベトナム・サイゴンのアパート探し(2)〜 サイゴン1区のチュンクー(ローカルアパート)巡り

チュンクー(Chung Cu)とは

前回の記事に引き続き、今回は具体的に訪問した物件の一部をご紹介します。物件の模様はビデオにまとめましたので、その方がより具体的に分かるかと思います。

こちらのビデオで紹介しているのは主にチュンクーと呼ばれるローカルアパートです。以前はチュンクーに生活しているのはローカルのベトナム人だけでしたが、ここ数年はロケーションの良さと安い賃料に惹かれて外国人も住むようになってきました。さらに最近ではAirbnbとしても利用されるようになってきています。

450 Nguyen Thi Minh Khai

グエンティミンカイ通り、トゥードゥー病院前の物件です。ここは2階と8階が空いているとのことでしたが、かなり古い物件です。一応、バストイレは室内にありますが、室内は薄暗くてここに住んでいれば鬱病になるのではないかというような雰囲気です。8階は階段しかなく、もうすぐエレベーターがつく予定だとのことですが、ホーチミンの地下鉄みたいなもので、予定は未定です。決定的にダメだったのは隣の部屋との間は鍵つきのドアで仕切られているだけなので、プライバシーに不安がある事です。値段はひと月5,000,000ドン(約25,000円)です。

203 Nguyen Trai

こちらの物件は新築ではありませんが、比較的新しい高層物件です。場所もファングーラオから近く、外国人旅行者の多い地区ですから、外食に困る事はありません。1LDKで床のフローリングもしっかりしていて、壁とキッチン周りに手を入れれば良さそうです。気になったのは賃料が10,000,000(約50,000円)と高めなのと、部屋の一部が台形であったり柱や梁が室内に張り出しているため、家具の配置が困難であったり、全体的に狭い印象があることですが、一応、合格点です。

12 Vo Van Kiet

Vo Van Kietの地下トンネル入り口にある印象的なビルで、中央銀行やベトコムバンクの並びにあります。

ちょうど4階でリノベーション中だとのことで現場を訪ねました。建物自体はとても古く、廊下も恐ろしく暗い感じですが、リノベーションしている部屋は白の大理石を基調にした部屋で清潔感がありました。賃料は10,000,000(約50,000円)です。川沿いで眺めも良く、窓を閉めておけば騒音も気になりませんが、決定的にダメなのが、バストイレとキッチンが室外にあることです。トイレに行くにはいったん部屋を出て、向かいの専用部屋の鍵を開けて入らなければなりません。夜中、トイレに行きたい時に、わざわざ鍵を持って室外に出るのは面倒なので、惜しいですがこの部屋も却下。しかし小さなオフィスとして使うのであれば良いかもしれません。この広さであれば7、8人は余裕で入れるでしょう。1区の中心部に近く、500ドル弱で借りられるオフィスだと考えれば安いです。

122 Le Loi

この物件はベンタン市場から徒歩0分の都心物件です。現在ちょうど地下鉄工事を行っている場所で、狭い土産物屋の店舗の中を突っ切って4階まで階段を登ったところにあります。この辺の古い建物は100年以上はたっているでしょう。値段は45平方メートルで、月6,000,000ドン(約30,000円)です。古い建物にもかかわらず、設備はしっかりしていて、少し手を加えれば住めそうな雰囲気ですが、窓が中庭に面したところにひとつしかなく、かなり換気が悪い印象でした。ここは現在、地下鉄工事中の場所で、いつ完成するのかも分からない状況です。旅行や出張で短期滞在するのであれば我慢できますが、長期在住には向きそうにありません。

25/4 Duong Ton That Tung

こちらはグェンティミンカイ通りから少し入ったヘムの中にある一軒家をシェアするタイプの賃貸アパートです。まだ昨年にできたばかりの新しい建物で、内装も綺麗でした。家具も全て新しいものがついていて、単身者がすぐに住むには良いでしょう。賃料は8,000,000ドン(約40,000円)です。このあたりのヘムは小さなブティックやカフェが多いので、気軽に外出して飲食ができるのも魅力です。メインゲートは自動シャッター付きなので、バイクや自転車を出し入れするのにリモコン一つでできます。

しかし、今回私が探しているのはシェアハウスタイプではなくアパートタイプのため、今回は見送りました。このタイプの物件は隣人に気を使うのが煩わしいからです。

21B Cao Thang

こちらはカオタン通りから少し入ったところにある中規模アパートです。エレベーターはありませんが、広めの階段があり、上り下りは楽にできそうです。各部屋はワンルームにミニキッチンとバストイレがついたシンプルな間取りで、家具も一通り全て揃っています。単身者がバッグ一つで入居するには良いでしょう。またこの周辺は比較的ローカルな地区ですが、有名なローカル店がいくつもあるので食事に困らないのが良い点です。

賃料は8,000,000ドン(約40,000円)で、広さと間取りを考えると少し割高かなという感じがしました。今回の物件探しではセカンドチョイスです。

42 Nguyen Hue

グエン・フエ通り、サンワタワー前の超都心物件です。9,000,000ドン(約45,000円)と聞いて、大変期待した物件です。

このチュンクー・グエン・フエ42番は今ではアパートの各部屋がカフェやブティックに改装されており、夜中に小腹が空いても建物の外に出なくても飲食ができるのが魅力です。大体どこのチュンクーにもそのような小さなカフェや麺類の店が営業しているので非常に便利です。

エレベーターは昇り下り共に3,000ドンの有料制のため、お金を支払うのが面倒ですが、住民は定期制のようです。

さて部屋の方はかなり前に塗り替えた緑壁の部屋で、室内にロフトが設置されていました。おそらく家族が住んでいたものと思われますが、ロフトを撤去して壁を塗り替えれば居心地は悪くなさそうです。またグエン・フエ通りの反対側(東側)の部屋なので、意外に夜は静かだと思います。

しかし決定的にダメだったのは、キッチンやバストイレといった水回りが室外に共同であるため、ここに外国人が住むのは不可能です。室内に設置する費用を考えると当初の投資がかなりのものになってしまいます。期待していただけに残念な物件でした。

Chung Cu Cong Quyen

最後にたどり着いたのがCong Quyen通り、コープマート1号店の裏にあるチュンクーコンクィンです。以前からここは目をつけていて、都心にありながら、ぽっかり空いた公園を囲むように5階建てのアパートが並んでおり、驚くほど静かで平和な空間です。実は4、5回足を運んで近所の人に空き部屋がないか聞いていたのですが、今は空きはないという回答でした。しかし何度か足を運んで仲良くなった近所の住民から、ある棟の3階が空いていることを突き止めました。入居の最大の条件として綺麗に住まうことと、騒音を立てないということで、この条件も自分にとっては好条件です。何度か交渉をしてようやく契約までたどり着けそうな状況です。

部屋は2ベッドルームの80平米で、ファンがついているほど天井が高く、余計な造作がないごくシンプルな間取りで月10,000,000vnd(約5万円)。唯一の難点はエレベーターがないことですが、3階であれば頑張って登り降りできると思います。

近日中に契約を行い、デザインとリノベーションを行う予定ですが、その模様もお伝えできたらと考えています。

※ブログを書いていて気がつきましたが、ビデオの最後の物件は物件名が間違っています。

Facebook
Google+
Twitter
LinkedIn
Pocket

Leave a Reply